2014年07月26日

私のささやかな抵抗

バカな論文がある。
定義をまともに知らずに使われた用語、初歩的な論理的誤謬、我田引水…。
読んでいて、こちらが悲しくなるよ。
本来は放置したいが、腹の立つことに、「安部公房の○○」と銘打っている。
「ほんとすごいね」(棒)

安部公房がこんなこと書くはずがない。
例えば、一国を一方的になじって、何が楽しいのか?
愛国者思想をひろめるだけじゃないか!

国家や文化を多面的にかつ普遍的にかつ逆説的に論じてこそ、安部公房が遺した思想を活かす道なのにね。

【関連する記事】
posted by w1allen at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

私のマルクスに対する評価

 ハッキリ言って、マルクスのことはよく分かっていません。資本論も共産党宣言も読んでませんから。
 しかし、私でも分かるマルクスへの誤解があるようなので、ここで正しておきたいと思います。
 ソ連などの社会主義国家の没落を指してマルクスの資本論がおかしいというのは、論理的に妙だと思います。
 共産党の失敗は、資本論などのマルクス主義を恣意的に解釈して、自分の都合のいいように運用していた可能性があるからです。
 私達、資本主義国家の国民もマルクスの恩恵を受けていると思います。もし、マルクスがいなければ、修正資本主義というアイデアも出てこなかったのではないでしょうか?また、福祉や失業者対策も、今よりひどいものになっていたでしょう。
 マルクスの描いた国家の変転図は、資本主義国家→社会主義国家→共産主義国家という二階建てのものでした。しかし、いつこれらの「相転移」という革命が起こるかまでは、予言しませんでした。資本主義社会が没落するのは、実は相当長い年月が必要なのかもしれません。社会主義革命を志した人は、その時代に相転移が起こると確信していたかもしれませんが、残念ながら、相転移は失敗に終わりました。
 武力革命で社会主義国家を樹立すべし、という過激な思想もあったようです。これは、断じて許してはなりません。
 もし、マルクスが正しければ、相当長い年月を経て、真の社会主義国家が生まれるのではないでしょうか?
 また、資本論は古典的経済学の集大成でもあるので、これと数理経済学の融合も見てみたいです。
 いずれにしても、社会主義国家の没落、共産党の独裁政治の側面だけ見て、資本論はダメだというのは、早計だと思います。
posted by w1allen at 19:59| Comment(0) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

不穏な物を回収してきました

 日曜日、不穏な話を思い出して、目を覚ましました。不穏な話というのは、私の一文をパンフレットやポスターに載せるという、何とも無謀な劇団がいるという噂です。「いや〜、断るべきだったか」と今になって後悔しましたが、その時は割りと気軽に引き受けてしまったらしいのです。
 しかも、私はその日の16:00の部の予約をとっているらしいのです。これは、なんとしても、その不穏なものを回収しなければなりません。さて、兵庫県伊丹市にあるアイホールは、この前インタビューに行ったので、道順などは問題なかったし、時間も結構余裕がありました。と余裕かましていたら、出発前に色々あって、出かけるのが1時間も(!)遅れてしまった。阪急電車に乗っても、なかなか京都を抜けないので、困った。「さすがにマズイな」と思いました。演劇や映画で遅れて入場してくる人のことをやや軽蔑するタイプの人間ですが、これでは立場が逆転してしまう!
 伊丹駅に付いたのが15:50だった。思ったより早かったが、急がねばなりません。必死で走ったが、時は無情にも過ぎ、アイホールについたのは、16:05くらい。劇団関係者の方が、私を見つけて、案内してくれました。「今、前奏が始まったところです」と。入ってみると、また別の方が案内してくれて、なんとか本編が始まる前に、着席することができました。
 ダンス、即興演奏など様々な趣向がされており、中でも「影絵処理」は、トークゲストの大橋也寸さんも感心され、「安部さんが観ていたら、興味を持たれたのでは」といったことを仰っていました。
 あっという間の上演でした。安部のテキストは古びないし、それに新たな色彩をもたらした上演を目の当たりにできて、至福のひとときでした。
 アフタートークでは、正直、大橋也寸さんの厳しい言葉もありました。しかし、それは素材が素晴らしいことへの裏返しだと思いました。演出家大橋也寸の演出家魂に火を付けるような、良い作品だったのだと思います。でなければ、指導や手直しも言わずに、ただただ相槌を打てばよいはずですから。
 また、安部が、演出の大橋さんを通り越して、役者(かなりの大物です)に演技指導していた「大橋パッシング」の話も面白かったです。
 ホールに出て、主演の方と末っ娘の方と少しお話しました。T-シャツを買ったので、末っ娘の方に、サインをしてもらいました。
 劇場関係者の方が私を見つけ、演出のウォーリー木下さんとお話することが出来ました。「何点でしょうか?」と聞かれ、「90点以上だと思います」と率直に答えました。
 ああ、そうそう、不穏なポスターも無事回収しました。
 伊丹駅付近で夕食を摂ろうかと思いましたが、胸がいっぱいで、その気になれませんでした。結局、夕食を摂ったのは、京都についてからでした。
 帰宅後、母にポスターを見せると、たどたどしい日本語で読み上げた後、「これ、あんたが一人で書いたんか?」「じゃあ、誰が書くのよ?」。大体、母の私への評価って、こんなものです(笑)。
posted by w1allen at 10:20| Comment(0) | 安部公房を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もぐら通信を辞任しました

第22号をもって、もぐら通信編集部を辞任しました。
安部公房のファンは辞めないので、今までどおり、よろしくお願いします。
posted by w1allen at 10:15| Comment(0) | もぐら通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

【もぐら通信】第22号をお届けします

注:メール購読して頂くと、一番早くお手元に届きます。
ブログでの公開は、あえてメール配信より遅らせています。
メール購読の方法は、ブログ安部公房の広場の右上の緑色の登録ボタンをクリックして、
氏名(ニックネーム可)とメールアドレスを登録して頂くだけです。
もちろん、無料です。

[ご挨拶]
頭書の件、もぐら通信最新号を添付ファイルにてお届け致します。
お読み戴ければ、幸いです。

今号は、安部公房全集の編集者宮西忠正さんによる寄稿があります。
多麻乃美須々さんによる短編小説もあります。
兵庫県伊丹市で「友達」の上演があるので、インタビューに行ってきました。
そのレポート記事も面白いと思います。

最後に、新編集部員の募集告知があります。興味のある方は、
お気軽にコンタクトをとってください。

ご感想などお聞かせ下さると、ありがたく思います。

また、ご寄稿も随時受け付けております。
お気軽に、ご連絡願います。

では、安部公房とのよいひとときをお過ごし下さい。

もぐら通信
編集部一同

************************************************
   安部公房の広場:http://abekobosplace.blogspot.jp/
   もぐら通信掲示板:http://8010.teacup.com/w1allen/bbs
   バックナンバー:http://w1allen.seesaa.net/category/14587884-1.html
   もぐら通信総目次・索引:http://seesaawiki.jp/w5allen/
   もぐら通信:ニュース&記録:http://seesaawiki.jp/w6allen/
************************************************

[ダウンロード 最新号]
もぐら通信(第22号).pdf

[ダウンロード バックナンバー]
もぐら通信(第21号) .pdf
もぐら通信(第20号) .pdf
もぐら通信(第19号) .pdf
もぐら通信(第18号).pdf
もぐら通信(第17号).pdf
もぐら通信(第16号).pdf
もぐら通信(第15号).pdf
もぐら通信(第14号).pdf
もぐら通信(第13号).pdf
もぐら通信(第12号).pdf
もぐら通信(第11号).pdf
もぐら通信(第10号).pdf
もぐら通信(第9号).pdf
もぐら通信(第8号).pdf
もぐら通信(第7号).pdf
もぐら通信(第6号).pdf
もぐら通信(第5号).pdf
もぐら通信(第4号).pdf
もぐら通信(第3号).pdf
もぐら通信(第2号).pdf
もぐら通信(創刊号).pdf
posted by w1allen at 20:38| Comment(0) | もぐら通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

もぐら通信第21号の目次

もぐら通信第21号の目次をお知らせします。

1。ニュース&記録…page2
2。目次…page3
3。作家と萬年筆 安部公房の巻:荒木堅固...page4
4。安部公房の書棚 『鉛の夜』の闇:稲垣健...page9
5。安部公房邸解体前•解体後…page11
6。私の本棚より:『九大日文』:w1allen…page19
7。安部公房の俳句論:岩田英哉…page21
8。もぐら通信の編集部員を募集します…page31
9。ご寄稿に際してのお願い...page33
10。前号訂正箇所...page34
11。読者からの感想...page35
12。合評会...page38
13。本誌の主な献呈送付先...page38
14。本誌の収蔵機関...page38
15。編集方針...page38
16。個人情報保護方針...page38
17。バックナンバー...page38
18。もぐら通信のwiki…page38
19。第二版訂正箇所... page39
20。編集者短信...page40
21。編集後記...page41
22。次号予告...page41
posted by w1allen at 15:37| Comment(0) | もぐら通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

【もぐら通信ニュース】大場さんの研究発表のご案内

読者のみなさんへ、

第22号(6月末発行予定)のニュース&
記録のページでお伝えするには、遅すぎますので、この場を借りて、次のような、安部公房に関する比較文学的な発表のあることを読者である、あなたにお伝えします。

6月14日(土)、6月15日(日)に成城大学で、日本比較文学会第76回全国大会が開催されます。

二日目、即ち15日(日)に研究発表IIが行われ、そこで、九州大学博士課程にいらっしゃる大場健司さんが、安部公房とポール・オースターについての研究発表を行うことになりました。

大場さんについては、第21号の『私の本棚より』でご紹介した通りです。

大場さんの、成城大学での演題は「「ピカソの石版画」から「泣く女」へ―ポール・オースター『幽霊たち』と安部公房『燃えつきた地図』」です。

この発表で、大場さんは、安部公房『燃えつきた地図』とポール・オースター『幽霊たち』を、ピカソの絵画や勅使河原宏の映画、カフカ『変身』などとの関連から論じる予定です。

全国大会プログラムのURLは、次のところにありますので、ご覧下さい:

http://www.nihon-hikaku.org/katsudo/katsudo1.html

大場さんの発表の詳細は次の通りです。
タイトル:「ピカソの石版画」から「泣く女」へ―ポール・オースター『幽霊たち』と安部公房『燃えつきた地図』
時間:2014年6月15日(日曜日)10:00-12:20
場所:成城大学3号館B室(312教室)

『燃えつきた地図』の読者であるあなたも、是非一度大場さんの発表をお聴きになっては如何でしょうか。
編集部も行きたいと考えています。
なお、一般の方でも、聴講可能と聞いております。

では、よろしくお願い致します。

もぐら通信編集部

(*)大会プログラムのホームページでは、タイトルが「ピカソの赤飯画」となっておりますが、これは「石版画」の間違いです。
posted by w1allen at 21:42| Comment(0) | もぐら通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

【もぐら通信】第21号をお届けします

注:メール購読して頂くと、一番早くお手元に届きます。
ブログでの公開は、あえてメール配信より遅らせています。
メール購読の方法は、ブログ安部公房の広場の右上の緑色の登録ボタンをクリックして、
氏名(ニックネーム可)とメールアドレスを登録して頂くだけです。
もちろん、無料です。

[ご挨拶]
頭書の件、もぐら通信最新号を添付ファイルにてお届け致します。
お読み戴ければ、幸いです。

今号は、安部公房と交流のあった古参のファン荒木堅固さんの
エッセイ「作家と萬年筆」と写真「安部公房邸解体前•解体」をお楽しみ下さい。
稲垣健さんによる、安部公房の書棚展のレポートも興味深いです。

最後に、新編集部員の募集告知があります。興味のある方は、
お気軽にコンタクトをとってください。

ご感想などお聞かせ下さると、ありがたく思います。

また、ご寄稿も随時受け付けております。
お気軽に、ご連絡願います。

では、安部公房とのよいひとときをお過ごし下さい。

もぐら通信
編集部一同

************************************************
   安部公房の広場:http://abekobosplace.blogspot.jp/
   もぐら通信掲示板:http://8010.teacup.com/w1allen/bbs
   バックナンバー:http://w1allen.seesaa.net/category/14587884-1.html
   もぐら通信総目次・索引:http://seesaawiki.jp/w5allen/
   もぐら通信:ニュース&記録:http://seesaawiki.jp/w6allen/
************************************************

[ダウンロード 最新号]
もぐら通信(第21号) .pdf

[ダウンロード バックナンバー]
もぐら通信(第20号) .pdf
もぐら通信(第19号) .pdf
もぐら通信(第18号).pdf
もぐら通信(第17号).pdf
もぐら通信(第16号).pdf
もぐら通信(第15号).pdf
もぐら通信(第14号).pdf
もぐら通信(第13号).pdf
もぐら通信(第12号).pdf
もぐら通信(第11号).pdf
もぐら通信(第10号).pdf
もぐら通信(第9号).pdf
もぐら通信(第8号).pdf
もぐら通信(第7号).pdf
もぐら通信(第6号).pdf
もぐら通信(第5号).pdf
もぐら通信(第4号).pdf
もぐら通信(第3号).pdf
もぐら通信(第2号).pdf
もぐら通信(創刊号).pdf
posted by w1allen at 20:21| Comment(0) | もぐら通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

もぐら通信の編集部員を募集します

2014/05/11
(編集部)

新たにもぐら通信の編集者を募集致します。募集の要領は、次の通りです。

1。募集人員
1名

2。募集要件
(1)安部公房が好きであること。
(2)編集方針を大切にして下さること(*)。
(3)無給であることを承知下さる事(逆に毎月2000円程度の持ち出しになります)。
(4)無償の奉仕ができること。

(*)【もぐら通信の編集方針】
1.われらは安部公房ファンの参集と交歓の場を提供し、その手助けや下働きをすることを通して、そこに喜びを見出すものである。

2.われらは安部公房という人間とその思想およびその作品の意義と価値を広く知ってもらうように努め、その共有を喜びとするものである。

3.われらは安部公房に関する新しい知見の発見に努め、それを広く紹介し、その共有を喜びとするものである。

4.われら自身が楽しんで、遊び心を以て、もぐら通信の編集及び発行を行うこととする。

3。編集部員の仕事
(1)校正、校閲、査読
(2)寄稿者とのコミュニケーション
(3)もぐら通信を印刷し、配付(メール便等)する業務(掛かった費用は後日、各編集者が均等な負担金額になるように精算をします)
(4)原稿の執筆
(5)その他のもぐら通信の編集と発行に関するすべての業務

4。募集対象者
(1)年齢:不問
(2)性別:不問
(3)人種:不問。日本語が充分にできれば人種を問いません。
(4)住所:国内海外を問わず。

5。要求される能力
(1)PCのスキル:普通にPCが使えること。OSは不問とします。
(2)アプリケーションのスキル:ワード、エクセル、OpenOfficeの初級程度の操作
(3)もぐら通信を印刷し、配付すること。
(4)編集部の資産とも言うべきDropbox中の書類群を閲覧し、処理する権限を賦与されますので、相応に注意深く、思慮あること、常識あることが求められます。
(5)企画ができれば尚よし、です。

6。応募先
(1)宛先:岩田
(2)電子メールアドレス:eiya.iwata@gmail.com
(3)件名欄に、「もぐら通信編集部員応募」とお書き下さい。

7。面接
岩田(タクランケ)と岡(アレン)とでスカイプでの面接を行います。

8。締め切り
必要な方が採用され次第、締め切ります。
posted by w1allen at 17:52| Comment(0) | もぐら通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

もぐら通信第20号の目次

もぐら通信第20号の目次をお知らせします。

表紙:池田龍雄
1。ニュース&記録…page 2
2。目次…page 3
3。安部公房×勅使河原宏『1日240時間』の復元上映〜研究ノート〜:友田義行...page 4
4。安部公房氏との打ち合わせ記録(最終回):長与孝子...page 10
5。さまざまな安部公房:滝口健一郎…page 16
6。私の本棚より:ヤマザキマリ著『男性論』:タクランケ…page 17
7。三島由紀夫の『愛の処刑』と安部公房:岩田英哉…page 21
8。もぐら通信の編集部員を募集します…page 30
9。ご寄稿に際してのお願い...page 32
10。訂正箇所...page 33
11。読者からの感想...page 34
12。合評会...page 37
13。本誌の主な献呈送付先...pa…37
14。本誌の収蔵機関...page 37
15。編集方針...page 37
16。個人情報保護方針...page 37
17。バックナンバー...page 37
18。もぐら通信のwiki…page 37
19。編集者短信...page 38
20。編集後記...page 39
21。次号予告... page 39
posted by w1allen at 19:29| Comment(0) | もぐら通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする