2015年11月23日

ノアの系譜

第8回KAP読書会資料

安部公房は、聖書上では清い人物とされるノアに対して憎しみさえ抱いていたのではなかろうか?安部の作品で、逆に不浄や賤しい人物として描かれ得ることが多い。「ノアの方舟」までは、ノアを笑い者にしていたが、後の「第四間氷期」や「方舟さくら丸」では、反ノア的、つまりノアの思想に抗う人物を登場させている。 ここでは、時系列に、ノアが出てくる作品を挙げて、彼の扱いを簡単にたどってみることにする。

旧約聖書のノアの物語
堕落し、乱れた時代に、神は洪水で人々を滅ぼそうとする。しかし、ノアだけに神はお告げをして、舟を作り、そこに家畜や食料を入れることを許す。洪水の後、ノアの家族は生き残ることができた。

ーーーさて、ノアは農夫となり、ぶどう畑を作った。あるとき、ノアはぶどう酒を飲んで酔い、天幕の中で裸になっていた。カナンの父ハムは、自分の父の裸を見て、外にいた二人の兄弟に告げた。セムとヤフェトは着物を取って自分たちの肩に掛け、後ろ向きに歩いて行き、父の裸を覆った。二人は顔を背けたまま、父の裸を見なかった。ノアは酔いからさめると、末の息子がしたことを知り、こう言った。
「カナンは呪われよ
奴隷の奴隷となり、兄たちに仕えよ。」ーーー
(出典:「聖書」新共同訳、日本聖書協会)

ちなみに、ノアは、洪水の後350年生き、享年950歳である。

「S・カルマ氏の犯罪」 (1951)
主人公「彼」の涙が洪水となって押し寄せるシーンで登場する
ボロ舟、ミイラ、時代遅れの象徴

ーーー四角い舟、方舟、旗がひるがえっております。書いてあります……ええと、ノアの方舟!立ち上がりました。ミイラです。つまり、その方舟の上に立ち上がったんです。誰って、むろんノアのミイラです。ノアはユルバン氏に向かってしきりに手を振っております。ああ、いいえ、呼んでいるのではないのです。来るなと言っているのであります。この舟はボロ舟だし、乗客は決められているんだからと、手まねでそう言っているんです。けしからんノア奴!ーーー

「洪水」(1951)
題名からして、ノアの洪水物語を意識している
洪水に自分はノアだと訴え、しったする男

ーーーその中で、ただ一人、平然としてたのしんでいるものがあった。楽天的で狡猾なノアだった。ノアは前の大洪水の経験から、あわてもせずうろたえもせず、着々と方舟の制作にいそしんでいた。人類の未来が、自分の一家の手にゆだねられていることを思うと、むしろ宗教的な法悦にさえひたることができるのだった。ーーー

「ノアの方舟」 (1952)
本作品。
ノアをアル中とし、方舟を彼の夢想とし、笑い者にしようとしている。

「方舟思想」[エッセイ](1955)
黒澤明の「生きものの記録」に対する評。
選民思想。何故ノアが神に選ばれたか説明されていないことへの憤り。

ーーーところで以前、私もノアの伝説については短篇小説で書いたことがあった。前々からノアなる人物について、割りきれぬ疑問をもっていたためだ。あの伝説についてはどこかくさい(原文傍点)ところがあるという感じがしてならなかった。ーーー

「第四間氷期」(1958)
水棲人類(水中でも生きられるように、遺伝子改造された人類)という肉体そのものの方舟化
しかし、ある水棲人類が、風の音楽を求めて地上に出る場面があり、それは方舟思想への反逆とも言える

「死に急ぐ鯨たち」 [エッセイ ](1984)
「方舟さくら丸」の前後のエッセイ・インタビューなど
ーーー宗教的な言葉を一切使いたくないけど、これはある意味で人間の原罪を問う小説になるだろうな。方舟はむろんノアの方舟のもじりだよ。選ばれた物が生き延びて、その子孫を残すための、遺伝子プール保存作戦のための大シェルターさ。だから『方舟さくら丸』。ーーー

「方舟さくら丸」 (1984)
採掘場跡の核シェルターをめぐって、多くのノアたちの騒乱劇。
方舟=核シェルター
ノア役が、もぐら→猪突→菰野→ほうき隊副官と変転する
そこにさくらの二人が対照的(反ノア的)
<<代表棄民王国>>とは、選民思想そのもの(自分たちには生き残る資格ある)
posted by アレン at 00:00| Comment(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

テロについて思うこと

パリのテロ事件があったばかりだが、テロについて思うことを書いてみる

「テロとの戦い」というが、この戦いは武力だけでなく、まず思想のレベルで勝つ必要がある。有り体に言えば、大義名分だ。自国民を納得させるだけでなく、イスラム国の戦闘員・指導者に、思想のレベルで反駁しなければならない。そうせずに、武力だけで解決しようとすれば、畢竟それは彼らのしているテロとそう変わりはないと感じる。

また、アメリカの無人戦闘機による暗殺行為はなんなんだ。敵国の幹部を狙っているというのだが、それで大義名分は成り立つのか?そして、かなりの割合で誤爆して民間人を殺害しているという事実はどうするのか?憎しみを増幅するだけの行為にしか思えない。無人戦闘機だと、カメラ越しにしか分からない情報で攻撃するしか出来ないのだろう。もうそういうことはやめて、無人戦闘機による暗殺行為は、国際法などで禁止して欲しい。
posted by アレン at 09:34| Comment(2) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

NBB

最近の日本は、きな臭いものになってきたと思う
戦争推進、弱者切り捨て・・・
安保法制もそうだが、国家の中の手続き・審議を無視して、多数議席だけで通す、今の自民党には、本当にイヤになる。
安倍には早く退陣して欲しいのが、正直なところ。

彼と、ジョージ・W・ブッシュ前大統領が重なるように思えた。
二期目を目指した大統領選では、世にNBB(Nobody but Bush)と言わしめた。
911、アフガニスタン侵攻の後に行われたイラク侵攻は、イラクの大量破壊兵器保持が前提だったのだが、結局それは提示されずに、アメリカの支配地域拡大がなされた。
今、アメリカはISと戦っている。この戦いに終りはあるのだろうか?ISを仮に滅ぼしたとしても、また別の国や組織と戦争しているに違いない。

イラク侵攻が2002年で、あれから13年経つ。対岸の火事と思っていたが、戦争で利益を得る政治家や企業(いわゆる戦争商人)などの力がよほど強いのだろう。平和を求める声を踏みにじって、日本を巻き添えにして、安倍を使って、戦争法案を通した。

日本のブッシュを降ろすことも大事だが、戦争権益を解体するものも必要だろう。
まずは、NBA(Nobody but ABE)だ。
posted by アレン at 18:46| Comment(0) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

『水中都市・デンドロカカリヤ』第二回読書会のお知らせ

初出:2015-09-28

第8回関西安部公房オフ会(略称KAP)の読書会の開催が決まりました。

日時:11月23日(月・祝) 午後1時ー5時
開場:12時50分
場所:京都市右京ふれあい文化会館 第一会議室
   アクセス http://www.kyoto-ongeibun.jp/ukyo/map.php
   地図   http://goo.gl/RXxyJ5

より大きな地図で 京都市会館右京ふれあい文化会館 を表示

読書会の課題本:『水中都市・デンドロカカリヤ』(新潮文庫)
その中から、「闖入者」「ノアの方舟」「詩人の生涯」「手」の4作品を取り上げます。
主宰人:hirokd267(岡田)・w1allen(岡)
司会・進行:岡、岡田
広報:岡

内容:(1)自己紹介
   (2)作品が書かれた背景やトピックなどの簡単な説明
   (3)フリートーク
(4)発表されたい方も歓迎しますので、事前に仰って下さい

その他:途中参加も歓迎です。飲み物(酒類は不可)は各自で用意してください。軽食の持ち込みもできます。

二次会:懇親を深めるため、二次会で和気あいあいと飲み、語りあいたいと思います。学生さんにも気軽に参加していただけるように設定します。二次会のみの参加も歓迎です。
会場:餃子の王将 花園店(予定)
http://www.ohsho.co.jp/shop/index.php?a=shop_detail&shop_id=19
費用 3000円以下(コース料理ではなく、自由に注文する形式です)
注意:喫煙不可

なお一次会の費用は 会場費分の割り勘です。
大体、200円−400円の予定です。

申し込み:ここでも申し込みできますが、できればでツイッターで@hirokd267宛にツイートまたはRT(リツイート)で「参加申し込み」と書いてください。

ツイッターの会員登録は無料です。この機会に是非アカウントを取得されることをお勧めします。読書会の情報をそちらでたびたび発信していますので。
万一、アカウント登録に失敗した場合は、w1allenまで連絡して下さい。

では、皆さまのご参加を心からお待ちしています。
不明の点がありましたら、遠慮なくお尋ね下さい。
posted by アレン at 21:27| Comment(0) | KAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

寄付

Wikimediaに1,000円、Libreofficeに10ドルの寄付をそれぞれしました。
よく使っているので、まあ寄付してもいいかなと。
posted by アレン at 20:43| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

【重要】Fliporaという詐欺サイトによる私のメールアドレス帳の抜き取り及びお詫び

Fliporaという詐欺サイトから、知人を装ったメールが来て、「承認」したところ、私のGmailのアドレス帳が盗まれてしまいました。更にFliporaから、そのアドレスに対し、私を装って、同じような詐欺メールが届いているようです。届いたら、決して「承認」などせず、無視して下さい。
ご迷惑をお掛けして、誠に申し訳ありません。
posted by アレン at 19:21| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

『水中都市・デンドロカカリヤ』読書会のお知らせ

初出:2015-05-25

第7回関西安部公房オフ会(略称KAP)の読書会の開催が決まりました。

日時:7月18日(土) 午後1時ー5時
開場:12時50分
場所:京都市右京ふれあい文化会館 第二会議室
   アクセス http://www.kyoto-ongeibun.jp/ukyo/map.php
   地図   http://goo.gl/RXxyJ5

より大きな地図で 京都市会館右京ふれあい文化会館 を表示

読書会の課題本:『水中都市・デンドロカカリヤ』(新潮文庫)
主宰人:hirokd267(岡田)・w1allen(岡)
司会・進行:岡、岡田
広報:岡

内容:(1)自己紹介
   (2)作品が書かれた背景やトピックなどの簡単な説明
   (3)フリートーク
(4)発表されたい方も歓迎しますので、事前に仰って下さい

その他:途中参加も歓迎です。飲み物(酒類は不可)は各自で用意してください。軽食の持ち込みもできます。

二次会:懇親を深めるため、二次会で和気あいあいと飲み、語りあいたいと思います。学生さんにも気軽に参加していただけるように設定します。二次会のみの参加も歓迎です。
会場:餃子の王将 花園店(予定)
http://www.ohsho.co.jp/shop/index.php?a=shop_detail&shop_id=19
費用 3000円以下(コース料理ではなく、自由に注文する形式です)
注意:喫煙不可

なお一次会の費用は 会場費分の割り勘です。
大体、200円−400円の予定です。

申し込み:ここでも申し込みできますが、できればでツイッターで@hirokd267宛にツイートまたはRT(リツイート)で「参加申し込み」と書いてください。

ツイッターの会員登録は無料です。この機会に是非アカウントを取得されることをお勧めします。読書会の情報をそちらでたびたび発信していますので。
万一、アカウント登録に失敗した場合は、w1allenまで連絡して下さい。

では、皆さまのご参加を心からお待ちしています。
不明の点がありましたら、遠慮なくお尋ね下さい。
posted by アレン at 22:02| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

5/5の哲学カフェ

5/5の哲学カフェ
1.I氏の時間論
カントが、アプリオリな形式として時間と空間を挙げたことについて
「現在しか認識できない。時間を空間的に捉えるのはいかがなのものか?」

2.M氏の道徳論
幸福と道徳を求めることについて
「道徳無くして、幸福を求めることはあり得ない」と

酒のんで話していたので、うまく文章に出来なかった
主宰者M氏からは、もっと突き抜けろと発破をかけられた(笑)
posted by アレン at 09:34| Comment(0) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

数学教育とは?

この投稿は、twitterの#掛算を読んで、書いたものです。

この種の教育における数学や算数の教え方の問題は、当然のことながら数学だけでは収まらない。本式の数学で教えたいところだが、生徒の学力を考えると、学びやすさを優先する意味で、少し騙したような説明になるのは仕方がない。「疑問に思うことは、大学の数学で学んでください」と突き放すやり方が、一見不親切に見えて、誠実な教育とも言えると思う。

自然数における加算の本質はペアノ公理系に集約される。したがって、ペアノ公理系をエッセンスを抽出して、教えたのが、算数や初等数学になろうかと思う。「1+1が何故2になるのか?」「1とは何か?、2とは何か?、+とは何か?、=とは何か?」といった根本的なことを考えると、公理系による定義が必要になってくる。

本質へのたどり着き方や教え方は、いろいろあって当然である。しかし、どれがより良い教育かとなると、数学を離れ、難しい問題になってしまう。これを議論すると、お互いを批判しあう応酬になりがちだ。それは何故かという、どちらも同じくらいの「正しさ」を持っているからである。

「答えが同じであればいい」という意見に対して、それは本質ではないと批判する方がおられるが、私はそうではなく、やはり「答えが同じであればいい」派で、結局のところ同じなのだ。教育の現場では、ある方法を使わざるを得ない。そうすると、それが、数学的にうまく、本質的で、全く疑問の余地ない方法であるかは、なかなか難しい問題だったりする。数学的には、「大学で数学を学んでください」と言うしかない。教育的には、より分かり易く、より本質的な方法は、考える余地があると思うが、それはある意味数学の立場からすれば、どうでもいい話とも思える。
posted by アレン at 21:33| Comment(0) | 自然科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

取捨選択

大げさですが、これからの私の構想・生き方を書きます

○集中したいもの
1.哲学
大きなことは考えず、哲学カフェのような、だれでもできる哲学をしたいです。
大まかには、カントからヘーゲルに繋がるドイツ観念論を勉強したいです。
2.自然科学
これは自分には欠かすことが出来ない。ビッグバンや進化論などを勉強し直したい。
3.読書、安部公房
安部公房から敢えて距離をとって、それからまた安部公房に近づきたいです。
4.将棋、テレビゲーム
将棋は今通っている教室で1級。初段を目指したいです。
テレビゲームはなかなかできませんが、携帯機でちょこちょこしたいです。
今は、PSPで「タイムトラベラーズ」をプレイ中です。
5.アート
アートとは無縁でしたが、ふとしたことから、少し観るようになりました。

○控えるもの
盛りだくさんになってしまったので、以下は控えます。
ネットの将棋サークルの参加
と他府県の哲学カフェへの参加

欲張りなので、あれもこれもになってしまいます。「集中したいもの」に挙げたものでも「控えるもの」に回る可能性は大いにあります。
posted by アレン at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。