2016年04月23日

境界線上に立つアートーデュシャンの「泉」を観て

私には、アートの師(哲学の師でもある)がいて、「アートとは何であるか?」「何がアートであるか?」の話をされるときに、必ずデュシャンの「泉」の話を持ちだされる。
そういうことがあって、京都近代美術館に「泉」が展示されていると聞き、観に行ってきた。要するにただの小便器なのである。それ以上でもそれ以下でもない。マット社の既成品の便器に「R・マット」と署名しただけなのである(手抜きじゃん!)。デュシャンが最初それを出品しようとした時は、断られたそうだ。しかし、その後評価され、当たり前のように美術館に置かれるようになったという。
私は、「泉」はアートの拡張であり、試金石だったのだと思う。その過程では、異端扱いや非難も受けるのだろう。アート空間の境界線に位置し、アートかアートでないか非常に際どい線上にある作品だと思う。具体的に展示を拒絶された理由を考えても、既成品(レディメイド)で、しかも汚物の処理器という二つのことで充分そうだ。
では、なぜ現在展示され、私たちは観ているのだろう?
「単純に、キワモノを観たいから」ではないと思う。「小便ー泉」という対極にあるものを連想させる「作品」が、実は「日常にある工業製品」の中にあったということが、私の理解だ。
「工業製品が、既にアート作品の資格を持っている」というパラダイムシフトを起こした記念碑的作品であるからこそ、美術館に設置される資格があるのだと思う。であるならば、レディメイドの芸術とは、工業製品=アート作品を日常の中から取り出し、アート空間の中に再配置することではないかと思うのだ。

【お知らせ】
オーダーメイド:それぞれの展覧会 | 京都国立近代美術館は、5/22(日)まで開催されています。デュシャンの他の作品もあります。作品の展示方法もなかなか面白かったですよ。
posted by アレン at 22:07| Comment(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

spoken words project 2016-17 A/W exhibition 「砂の女」in KYOTO

spoken words project 2016-17 A/W exhibition 「砂の女」in KYOTOを駆け込みで見ることに成功しました。小説の女のイメージを裏切る、ポップな衣装にメッシュを組み合わせたものでした。衣服自体もメッシュの天幕で覆われていました。砂掻きのバケツがワッペンとして貼られるなど、小説へのオマージュやパロディが随所に見られ、帰り道に思わぬ収穫ができました。
posted by アレン at 18:29| Comment(0) | 安部公房を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

笛井事務所『愛の眼鏡は色ガラス』

4月13日〜15日 座・高円寺2にて『愛の眼鏡は色ガラス』が上演されます。
私は所用のため行けないのですが、笛井事務所代表の奥村さんによると地方公演も検討しているとのこと。是非実現して欲しいですね。
劇作家ととしての安部公房は、なかなか手が回らなかったのですが、良質な上演があるので、テキストを読んでおきたいと思います。
posted by アレン at 16:05| Comment(0) | 安部公房を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俳優座公演『城塞』

ストリップする幽霊〜俳優座公演『城塞』
ホッタタカシさんによる詳細なレポートが有ります。
もう終りましたが、 今年1月6日(水)〜17日(日)にシアタートラム(三軒茶屋) で上演されました。

ホッタさんも触れていますが、来春新国立劇場で、『城塞』が上演される模様です。
http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/151225_007980.html

昔、MLだったかニュースグループかで好きな安部作品のアンケートをとったら、一位かそれに近い順位でした。

敗戦後の過酷な場面をロールプレイし、父の精神療法をする、もしくは正気を保持させる話かと思ったら、男(=息子)のほうが、寧ろロールプレイを望み、自己を正当化させようとする話のように思いました。
安部公房が戦争を直接テーマにしたのはあまりないですね。そういう意味で貴重な作品です。
posted by アレン at 16:01| Comment(0) | 安部公房を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

ファンコミュニティの活性化(2)

引き続き、ファンコミュニティ活性化の話です。
他の作家のファンサイトを見るのが参考になります。
作品の感想文、人気作品投票、オフ会レポートなどが目を引きました。
オフ会レポートなどは、当方の得意分野だと思いますので、こちらをまず充実させていきたいと思います。

最近はこのブログが活動中心なのですが、SNSと連携を取っていきたいと思っています。
目次ページを作っていないので、それも作っていきたいと思っています。
みんさんからのご意見もお待ちしています。
posted by アレン at 21:37| Comment(0) | KAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

安部公房のファンコミュニティを再構築したい

一昨日、『第四間氷期』読書会を終えることができて、ホッとしています。
読書会の前は、ちょっと煮詰まって、どうしたものか悩んでいました。
仕事などで、安部公房に費やす時間がまとまってとれず、本を読んだのみで、読書会を迎えました。
もっと、参考文献読みたかったのに・・・
もっと、自分の考えをまとめておきたかったのに・・・

でも、読書会では、みなさんの意見に触れて、すごく楽しかったです。
ライブ感があり、一度きりのセッションなのだと思いました。
そして、もう一度安部公房のファンコミュニティを構築できないかと思いました。

眉村卓さんのファンの大熊さんと少し話をして、ファンサイトを切り盛りするコツなどを聞きました。
やはり、マメに更新することが、仲間を増やすコツなのだなと思いました。

1999年から始まった安部公房解読工房ですが、固定の読者をつなぎとめることが出来ていません。
そのために、マメに更新していきたいです。
ブログで文章書いて、安部公房掲示板で読者の感想を書いてもらいたいと思っています。

こう書いておいて、また更新しないのが私の悪いクセです。
でも、読者からのリアクションを待っています。
posted by アレン at 20:12| Comment(0) | KAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

『第四間氷期』読書会のお知らせ

初出:2016-01-27

第9回関西安部公房オフ会(略称KAP)の読書会の開催が決まりました。

日時:3月21日(月・祝) 午後1時ー5時
開場:12時50分
場所:京都市右京ふれあい文化会館 第一会議室
   アクセス http://www.kyoto-ongeibun.jp/ukyo/map.php
読書会の課題本:『第四間氷期』(新潮文庫)

主宰人:hirokd267(岡田)・w1allen(岡)
司会・進行:岡、岡田
広報:岡

内容:(1)自己紹介
   (2)作品が書かれた背景やトピックなどの簡単な説明
   (3)フリートーク
(4)発表されたい方も歓迎しますので、事前に仰って下さい

その他:途中参加も歓迎です。飲み物(酒類は不可)は各自で用意してください。軽食の持ち込みもできます。
ネット中継:Ustreamにてネット中継します。URLは、
http://www.ustream.tv/channel/9p4MS4HaSRf
基本的に映すのは主宰人たちの様子で、参加者の音声のみをネット中継する形になりますので、ご了解願います。

二次会:懇親を深めるため、二次会で和気あいあいと飲み、語りあいたいと思います。学生さんにも気軽に参加していただけるように設定します。二次会のみの参加も歓迎です。
会場:餃子の王将 花園店(予定)
http://www.ohsho.co.jp/shop/index.php?a=shop_detail&shop_id=19
費用:3000円以下(コース料理ではなく、自由に注文する形式です)。ちなみに前回は、一人約2,000円でした。飲まない人は、値引きします。
注意:喫煙不可

なお一次会の費用は 会場費分の割り勘です。
大体、200円−400円の予定です。

申し込み:ここでも申し込みできますが、できればでツイッターで@hirokd267宛にツイートまたはRT(リツイート)で「参加申し込み」と書いてください。
または、下記のメールアドレスに申し込みメールを送って下さい。
mail-w4allen-gmail.png

では、皆さまのご参加を心からお待ちしています。
不明の点がありましたら、遠慮なくお尋ね下さい。

   地図   http://goo.gl/RXxyJ5

より大きな地図で 京都市会館右京ふれあい文化会館 を表示
posted by アレン at 20:18| Comment(0) | KAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

『水中都市・デンドロカカリヤ』第二回読書会報告

2015年11月23日(月・祝)KAP読書会にて、「水中都市・デンドロカカリヤ」についての第二回読書会がありました。
参加者は5名でした。Ustreamでの中継もしました。今回は、書き込みがありませんでしたが、今後の読書会ではできるだけ拾い上げようと思っていますので、次回以降ネット参加もご検討ください。勿論リアル参加していただければ尚嬉しいです。
中継のURLは、http://www.ustream.tv/channel/9p4MS4HaSRfです。次回も変わりません。
今回は、私が初めて撮影したこともあり、音量が小さいやスマホのバイブ音を切ってなかったなどのミスがいくつかありました。次回以降は改善したいと思います。
「闖入者」、「ノアの方舟」、「詩人の生涯」の三作品を取り上げ、意見交換をしました。
「手」は時間の都合上できませんでした。山本奈緒さんの良い記事が、もぐら通信にありましたので、山本さんの許可を得て印刷してお配りしました。
「闖入者」では、書かれた当時の時代背景の話になりました。共同水道などの言葉が、注釈無しで伝わるか?という疑問についても話し合われました。また、手記形式で書かれており、一人称の語りで、読み手に心情が伝わりやすい効果が出ているのでは?との意見もありました。そこから、他の小説における手記の効果なども話し合われました。また、最後の場面(アパートの屋根で男が休んでしまう)の意味に注目する意見も紹介されました。
「ノアの方舟」では、まず私が発表させてもらい、安部公房がノアに反感を持っていて、それは他の作品にも表れていることを述べさせてもらいました。しかし、安部の意図はわからなくもないものの、本作は単なるパロディーに終わっているのではないかという、小説の出来を問う厳しい声がありました。
「詩人の生涯」が、当日一番盛り上がったように思います。ユーキッタンなどのオノマトペ、労働運動や雪の描写が面白いとの声が上がりました。老婆が労働に疲弊してジャケツに転化するくだりでは、マルクスの労働価値説を思わせる記述があるとの意見も出ました。
閉会直前に、私から安部公房全集二巻のプレゼントを申し出てたのですが、今回は受け取り希望者がおられませんでしたので、次回に持ち越します。
また二次会でも楽しく安部公房談義ができました。また、お酒を飲まない方は、割引させてもらいます。今回は500円引きにしました。
ある参加者は、他にも多くの読書会に参加されていて、それらの特徴などを話して下さり、今後のKAP読書会のあり方についてとても参考になりました。
次回は、来年3月21日(月・祝)の予定です。課題本は、投票の結果決まった「第四間氷期」です。2ヶ月前に予約が取れるので、その際にツイッター・ブログなどで告知します。奮ってご参加ください。
また、リツイートなどで拡散に協力するなど広報に協力していただいた皆様にこの場を借りて厚く感謝の意をお伝えします。
posted by アレン at 22:02| Comment(0) | KAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

ノアの系譜

第8回KAP読書会資料

安部公房は、聖書上では清い人物とされるノアに対して憎しみさえ抱いていたのではなかろうか?安部の作品で、逆に不浄や賤しい人物として描かれ得ることが多い。「ノアの方舟」までは、ノアを笑い者にしていたが、後の「第四間氷期」や「方舟さくら丸」では、反ノア的、つまりノアの思想に抗う人物を登場させている。 ここでは、時系列に、ノアが出てくる作品を挙げて、彼の扱いを簡単にたどってみることにする。

旧約聖書のノアの物語
堕落し、乱れた時代に、神は洪水で人々を滅ぼそうとする。しかし、ノアだけに神はお告げをして、舟を作り、そこに家畜や食料を入れることを許す。洪水の後、ノアの家族は生き残ることができた。

ーーーさて、ノアは農夫となり、ぶどう畑を作った。あるとき、ノアはぶどう酒を飲んで酔い、天幕の中で裸になっていた。カナンの父ハムは、自分の父の裸を見て、外にいた二人の兄弟に告げた。セムとヤフェトは着物を取って自分たちの肩に掛け、後ろ向きに歩いて行き、父の裸を覆った。二人は顔を背けたまま、父の裸を見なかった。ノアは酔いからさめると、末の息子がしたことを知り、こう言った。
「カナンは呪われよ
奴隷の奴隷となり、兄たちに仕えよ。」ーーー
(出典:「聖書」新共同訳、日本聖書協会)

ちなみに、ノアは、洪水の後350年生き、享年950歳である。

「S・カルマ氏の犯罪」 (1951)
主人公「彼」の涙が洪水となって押し寄せるシーンで登場する
ボロ舟、ミイラ、時代遅れの象徴

ーーー四角い舟、方舟、旗がひるがえっております。書いてあります……ええと、ノアの方舟!立ち上がりました。ミイラです。つまり、その方舟の上に立ち上がったんです。誰って、むろんノアのミイラです。ノアはユルバン氏に向かってしきりに手を振っております。ああ、いいえ、呼んでいるのではないのです。来るなと言っているのであります。この舟はボロ舟だし、乗客は決められているんだからと、手まねでそう言っているんです。けしからんノア奴!ーーー

「洪水」(1951)
題名からして、ノアの洪水物語を意識している
洪水に自分はノアだと訴え、しったする男

ーーーその中で、ただ一人、平然としてたのしんでいるものがあった。楽天的で狡猾なノアだった。ノアは前の大洪水の経験から、あわてもせずうろたえもせず、着々と方舟の制作にいそしんでいた。人類の未来が、自分の一家の手にゆだねられていることを思うと、むしろ宗教的な法悦にさえひたることができるのだった。ーーー

「ノアの方舟」 (1952)
本作品。
ノアをアル中とし、方舟を彼の夢想とし、笑い者にしようとしている。

「方舟思想」[エッセイ](1955)
黒澤明の「生きものの記録」に対する評。
選民思想。何故ノアが神に選ばれたか説明されていないことへの憤り。

ーーーところで以前、私もノアの伝説については短篇小説で書いたことがあった。前々からノアなる人物について、割りきれぬ疑問をもっていたためだ。あの伝説についてはどこかくさい(原文傍点)ところがあるという感じがしてならなかった。ーーー

「第四間氷期」(1958)
水棲人類(水中でも生きられるように、遺伝子改造された人類)という肉体そのものの方舟化
しかし、ある水棲人類が、風の音楽を求めて地上に出る場面があり、それは方舟思想への反逆とも言える

「死に急ぐ鯨たち」 [エッセイ ](1984)
「方舟さくら丸」の前後のエッセイ・インタビューなど
ーーー宗教的な言葉を一切使いたくないけど、これはある意味で人間の原罪を問う小説になるだろうな。方舟はむろんノアの方舟のもじりだよ。選ばれた物が生き延びて、その子孫を残すための、遺伝子プール保存作戦のための大シェルターさ。だから『方舟さくら丸』。ーーー

「方舟さくら丸」 (1984)
採掘場跡の核シェルターをめぐって、多くのノアたちの騒乱劇。
方舟=核シェルター
ノア役が、もぐら→猪突→菰野→ほうき隊副官と変転する
そこにさくらの二人が対照的(反ノア的)
<<代表棄民王国>>とは、選民思想そのもの(自分たちには生き残る資格ある)
posted by アレン at 00:00| Comment(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

テロについて思うこと

パリのテロ事件があったばかりだが、テロについて思うことを書いてみる

「テロとの戦い」というが、この戦いは武力だけでなく、まず思想のレベルで勝つ必要がある。有り体に言えば、大義名分だ。自国民を納得させるだけでなく、イスラム国の戦闘員・指導者に、思想のレベルで反駁しなければならない。そうせずに、武力だけで解決しようとすれば、畢竟それは彼らのしているテロとそう変わりはないと感じる。

また、アメリカの無人戦闘機による暗殺行為はなんなんだ。敵国の幹部を狙っているというのだが、それで大義名分は成り立つのか?そして、かなりの割合で誤爆して民間人を殺害しているという事実はどうするのか?憎しみを増幅するだけの行為にしか思えない。無人戦闘機だと、カメラ越しにしか分からない情報で攻撃するしか出来ないのだろう。もうそういうことはやめて、無人戦闘機による暗殺行為は、国際法などで禁止して欲しい。
posted by アレン at 09:34| Comment(2) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする