2012年11月21日

[リンク集]017:ぶらぶら日記 B面

安部公房全集の目次検索には、安部公房全集索引: ぶらぶら日記 B面というサイトがいいです。"[参考作品] 時間旅行調査委員会報告 中原佑介"が全集017にあることを教えてもらいました。先日推薦したhontoでは見つかりませんでした。巻末の参考作品等までは目録に載せていないようです。
posted by w1allen at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

[リンク集]011-015

○更新(2010/06/27)
おしんさんによる指摘のあった音ずれの動画を音ずれの無いものに差し替えました。

○はじめに
今回は動画特集です。youtubeやニコニコ動画には、安部公房に関する動画が色々と有ります。youtubeやニコニコ動画で「安部公房」と検索すれば、今回紹介しきれなかった面白い動画に出会えるかもしれません。
また、カテゴリにリンク集を作りました。今までのリンク集の一覧が見られます。

○011-015
015:SUNA NO ONNA(Japanese Movie)
映画「砂の女」で、村人から女との性交を強要されるシーンです。


014:NHK映像ファイル「あの人に会いたい」-安部公房(Abe Kobo)
"方舟は発進せず 斉藤季夫[インタビュー]"(全集028所収)を10分に編集したものです。


013:安部公房 渡辺格 1
"物質・生命・精神 そしてX 渡辺格[対談]"(全集028所収)です。8分割されています。


012:安部公房『箱男』 Kobo Abe - hakootoko
フジテレビで放送されたテレビシリーズ「文學ト云フ事」の第10回目です。


011:【文学】人魚伝 安部公房【ドラマCD】
どういった経緯でCD化されたのかわかりませんが、1990年5月11日〜15日に録音されたものです。"ぼく,ボク"は古川登志夫、"語り"は野沢那智が配役されています。


以上

・関連記事
[リンク集]006-010
[リンク集]001-005
安部公房をもっと知る(リンク集)
posted by w1allen at 21:03| Comment(3) | TrackBack(0) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

[リンク集]006-010

○はじめに
ここでは、Googleで検索して、あまり上位にこないけれど、いいサイトを紹介したいと思います。

○006-010
010:安部公房全集完結 : PISCES
全集030の記事です。写真があるので、わかりやすいです。

009:安部公房ほど日本的な作家はいない
ドナルド・キーンによる記事です。

008:文芸評論家・加藤弘一の書評ブログ : 『安部公房全集〈30〉1924.03 - 1993.01』 安部公房 (新潮社)
ほら貝さんによる、全集030の紹介記事です。

007:食虫植物の捕虫器
『[没後10年] 安部公房展』図録に収録されていたほら貝さんの文章です。

006:ガルシア=マルケス全小説|新潮社
大江健三郎による安部公房の思い出話です。

以上

・関連記事
[リンク集]001-005
安部公房をもっと知る(リンク集)
posted by w1allen at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

[リンク集]001-005

○はじめに
安部公房をもっと知るというリンク集がありますが、2004/05/20以降そのリンク集を更新していません。理由はリンク切れなどに対する保守の手間が大きいこととほとんどのサイトがGoogleで簡単にアクセスできることの二点です。ここでは、Googleで検索して、あまり上位にこないけれど、いいサイトを紹介したいと思います。

○001-005
005:安部公房@解体計画
"参考文献リスト"が、オンラインのものとしてはよくまとまっています。

004:スラッシュドット ジャパン | きみは安部公房を知っているか?
「没後10年 安部公房展」関連で、安部公房のストーリーが読めます。

003:講演会・弁証法の壁
2003年に開催された「没後10年 安部公房展」関連イベントの中の作家島田雅彦による講演会のレジュメです。私も聴講したのですが、ここまでうまくまとめる自信はありません。日本文学アルバムにある、安部と島田の写真の経緯などがわかって、とても興味深かったです。

002:□■□〜笑月流公房倶楽部(&安部公房作品辞典)〜□■□
非常に完成度の高いサイトです。安部公房スタジオ会員だったそうで、その点も興味深いです。

001:言の葉(コトノハ):Welcome to Digital Stadium !!
西弘毅氏の作品。作品名:言の葉(コトノハ)。オンエア:Feb.22/2003。
とにかく、見てください。素晴らしいの一言です。
なお、視聴にはReal playerが必要です。

以上

・関連記事
安部公房をもっと知る(リンク集)
posted by w1allen at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする