2015年11月23日

ノアの系譜

第8回KAP読書会資料

安部公房は、聖書上では清い人物とされるノアに対して憎しみさえ抱いていたのではなかろうか?安部の作品で、逆に不浄や賤しい人物として描かれ得ることが多い。「ノアの方舟」までは、ノアを笑い者にしていたが、後の「第四間氷期」や「方舟さくら丸」では、半ノア的、つもりノアの思想に抗う人物を登場させている。 ここでは、時系列に、ノアが出てくる作品を挙げて、彼の扱いを簡単にたどってみることにする。

旧約聖書のノアの物語
堕落し、乱れた時代に、神は洪水で人々を滅ぼそうとする。しかし、ノアだけに神はお告げをして、舟を作り、そこに家畜や食料を入れることを許す。洪水の後、ノアの家族は生き残ることができた。

ーーーさて、ノアは農夫となり、ぶどう畑を作った。あるとき、ノアはぶどう酒を飲んで酔い、天幕の中で裸になっていた。カナンの父ハムは、自分の父の裸を見て、外にいた二人の兄弟に告げた。セムとヤフェトは着物を取って自分たちの肩に掛け、後ろ向きに歩いて行き、父の裸を覆った。二人は顔を背けたまま、父の裸を見なかった。ノアは酔いからさめると、末の息子がしたことを知り、こう言った。
「カナンは呪われよ
奴隷の奴隷となり、兄たちに仕えよ。」ーーー

ちなみに、ノアは、洪水の後350年生きた。ノアは950歳になって死んだ。

「S・カルマ氏の犯罪」 (1951)
主人公「彼」の涙が洪水となって押し寄せるシーンで登場する
ボロ舟、ミイラ、時代遅れの象徴

ーーー四角い舟、方舟、旗がひるがえっております。書いてあります……ええと、ノアの方舟!立ち上がりました。ミイラです。つまり、その方舟の上に立ち上がったんです。誰って、むろんノアのミイラです。ノアはユルバン氏に向かってしきりに手を振っております。ああ、いいえ、呼んでいるのではないのです。来るなと言っているのであります。この舟はボロ舟だし、乗客は決められているんだからと、手まねでそう言っているんです。けしからんノア奴!ーーー

「洪水」(1951)
題名からして、ノアの洪水物語を意識している
洪水に自分はノアだと訴え、しったする男

ーーーその中で、ただ一人、平然としてたのしんでいるものがあった。楽天的で狡猾なノアだった。ノアは前の大洪水の経験から、あわてもせずうろたえもせず、着々と方舟の制作にいそしんでいた。人類の未来が、自分の一家の手にゆだねられていることを思うと、むしろ宗教的な法悦にさえひたることができるのだった。ーーー

「ノアの方舟」 (1952)
本作品。
ノアをアル中とし、方舟を彼の夢想とし、笑い者にしようとしている。

「方舟思想」[エッセイ](1955)
黒澤明の「生きものの記録」に対する評。
選民思想。何故ノアが神に選ばれたか説明されていないことへの憤り。

ーーーところで以前、私もノアの伝説については短篇小説で書いたことがあった。前々からノアなる人物について、割りきれぬ疑問をもっていたためだ。あの伝説についてはどこかくさい(原文傍点)ところがあるという感じがしてならなかった。ーーー

「第四間氷期」(1958)
水棲人類(水中でも生きられるように、遺伝子改造された人類)という肉体そのものの方舟化
しかし、ある水棲人類が、風の音楽を求めて地上に出る場面があり、それは方舟思想への反逆とも言える

「死に急ぐ鯨たち」 [エッセイ ](1984)
「方舟さくら丸」の前後のエッセイ・インタビューなど
ーーー宗教的な言葉を一切使いたくないけど、これはある意味で人間の原罪を問う小説になるだろうな。方舟はむろんノアの方舟のもじりだよ。選ばれた物が生き延びて、その子孫を残すための、遺伝子プール保存作戦のための大シェルターさ。だから『方舟さくら丸』。ーーー

「方舟さくら丸」 (1984)
採掘場跡の核シェルターをめぐって、多くのノアたちの騒乱劇。
方舟=核シェルター
ノア役が、もぐら→猪突→菰野→ほうき隊副官と変転する
そこにさくらの二人が対照的(反ノア的)
<<代表棄民王国>>とは、選民思想そのもの(自分たちには生き残る資格ある)
posted by w1allen at 00:00| Comment(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

『榎本武揚』に対する複雑な思い

昨日のTAP読書会『壁』には、Ustreamにて視聴・参加した。
次回は、『榎本武揚』だという。
正直、困った。
何故かと言うと、中座したままだからだ。
面白くない以前に、自分の苦手な古文や漢文が出てくるから、そこで嫌になってしまった。
しかし、戯曲『榎本武揚』は面白いし、また全集に載っているこの時期のエッセイ群を読むと、安部の言わんとしたいことは、分かるような気がするのだ。(問題は、その「分かるような気がする」で止まっていることだが)
勤王か佐幕の二派に分かて争った幕末の激動期に、そのどちらでもない第三の道を提示した榎本像を提示した作品として、とても興味がある。
さて、今度の読書は、古文と漢文の壁を乗り越えられるだろうか?(笑)
posted by w1allen at 17:05| Comment(1) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

『箱男』の思い出

私の安部公房における初読の作品は、大学3回生の時に読んだ『砂の女』だ。
しかし、その前に、囲碁部の2年先輩に『箱男』のあらすじを教えてもらったことがある。
言語学を専攻されていて、落ち着いた感じの方だが、どういうわけか『箱男』について話してくれた。

箱男は、見分けがつかないから、何をしてもいいわけ。
例えば、店先の物を盗んでもいいわけ。
そんな感じで、『箱男』を紹介してくれた。

ちょっと面白そうと言うのが、聞いた時の感想だったと思う。
そんな私が、ホームページを開設するまで、深入りするとは思わなかったけれど。
posted by w1allen at 20:58| Comment(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

筑摩書房刊『安部公房集』の年譜

筑摩書房刊の安部公房集の年譜が面白いです。

1.斎藤茂吉の診察
twitterでこのエピソードの出典を質問したところ、親切にも『安部公房レトリック事典』(谷真介著)にあるとの回答を得ました。その後、谷氏による『安部公房評伝年譜』を読むと、上述した『安部公房集』が大元だと分かりました。不思議な事に、『安部公房全集』には収録されていないようです。(2013/01/12訂正)なお、『安部公房全集』012に収録されています。

昭和十八年(1943)
ーーー引用開始ーーー
一度、友人につれられて、松沢病院に行き、斎藤茂吉の診断をうけたおぼえがある、もっとも、その友人の方が、後で本物の気違いになったところをみると、私のほうは、案外なんでもなかったのかもしれない。
ーーー引用終了ーーー

2.カフカの「審判」を戦前に読んでいた
Re:華麗なる安部公房 - 安部公房を語ろうにも書きましたが、安部公房は、所有していたジイドの「贋金づくり」を中田耕治所有の「審判」に交換してもらって、「審判」を戦前に読んでいたそうです。

昭和十七年(1942)
ーーー引用開始ーーー
当時、カフカの「審判」なども読んだが、印象は弱い。
ーーー引用終了ーーー

以上
posted by w1allen at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

【追記有】安部は、やはり宮沢賢治が好き

安部公房の娘ねりさんの名前の由来は、宮沢賢治の『グスコーブドリの伝記』に出てくる主人公の妹グスコーネリから来ています。
そして、安部公房全集017所収の『ぼくのSF観』で、好きな作品として『銀河鉄道の夜』と『グスコーブドリの伝記』を挙げています。
やはり、宮沢賢治が好きなんですね。

【11/8追記】
好きな作品として、『グスコーブドリの伝記』が挙げられていたので、追記しました。
posted by w1allen at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

ネット書店amazonとhonto

ネット書店は多数ありますが、私はamazonとhonto(旧bk1)を愛用しています。

1.amazonと古書
安部公房全集の古書が扱われているのは有難いです。

2.hontoとインデックス検索
安部公房全集各巻の収録作品はhontoで見ることが出来ます。具体的には、「安部公房全集」で検索して出てきた一覧から各巻を選んで、「収録作品一覧を見る」に行って下さい。
また、「あの対談は、何巻に収録されているんだっけ?」と困った場合は、
「安部公房全集 hogehoge」で検索できます。この点は、amazonよりも優れています。
posted by w1allen at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

安部工房?『新潮日本文学アルバム』

日本文学アルバムの帯
写真がボケボケなのは、ご容赦願います。(ケータイのマクロ撮影の仕方がよく分からなかったのです。みんなどうしているんでしょうか?)
『新潮日本文学アルバム 安部公房』を買った時、帯を見て「なんじゃあ、こりゃー」と松田優作バリに思いました。<安部工房>と書かれていたからです。天下の新潮社も間違えることがあるのか永らくと思っていました。よく、阿部、安倍、工房と間違われますね。「安倍工房が好きです。」という書き込みを見ると、軽い殺意を覚えます(笑)。

でも、わざわざ<>で閉じるのは、不自然だなとつい最近思いました。一種のしゃれなんだと思うようになりました。
『砂の女』は北朝鮮の洗脳・呪縛を解けるか? も、<安部工房>がいいと仰っています。このページは面白いので、一読をお勧めします。

ちなみに、『日本文学アルバム 安部公房』の写真です。
日本文学アルバム
タグ:新潮
posted by w1allen at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

方舟思想ー映画「生きものの記録」[エッセイ](全集5巻)

これは、2001/11/18に書いた文章です。
http://www.geocities.co.jp/Bookend/2459/zenshu/com005.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 安部はノアを異常なまでに憎悪していた。それは、「S・カルマ氏の犯罪」、「洪水」、「ノアの方舟」といった作品でのノアの扱い方を見ればわかることである。何故これほどまでに聖書における伝説上の人物とその物語を忌み嫌わねばならなかったか、これは安部の思想を探る上で非常に興味深い事象である。このエッセイでは、黒澤明監督作品「生きものの記録」を『これも一種の「大洪水物語」である。』と書き出して、ノアへの憎悪の理由を語り、それは方舟思想にあると言っている。ノアが何故エホバに選ばれ生き残ることを許されたのか?ノア一家をのぞいた全人類が否定されなければならないのか?ノアは本当に汚れ無き人間だったのか?そんな疑問を一切はらしてくれない聖書に対する苛立ちと憤りを述べている。
 結局、「生きものの記録」も方舟思想を擁護した作品になってしまった点を批判し、『ガラス越しに御馳走を見たようで、まことに残念でならない。』と締めている。では、果たして安部は方舟思想から抜け出せたのであろうか?「ノアの方舟」はパロディーでしかない。長い創作活動の中、苦しみ抜いて出した答えが「第四間氷期」と「方舟さくら丸」だと思う。両作品にノアは直接出てこないが、暗示させる人物はでてくる。しかし、方舟思想に反発する形で、前者では「風の音楽」にあこがれ地上に戻る水棲人類を描き、後者では多くのノア達による騒乱劇を描いている。しかし、私には今なお方舟思想が地下で生きのびているように思えてならない。それほどまでに、人間の心の奥底までに忍び寄っている思想なのだろうと思う。
posted by w1allen at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

あさひかわ平成23年10月号は、3本立て

あさひかわ平成23年10月号は、安部公房の記事が3本立てでした。
是非、読んで欲しいです。

「早稲田の安部公房」鳥羽耕史
『演劇講座"言葉と肉体のあいだ"安部公房』というカセットテープ(安部公房全集26巻所収)と、その要旨を収録した『早稲田ウィークリー』333号が、早稲田大学に所蔵されています。テープも無料で聞けるとのこと。

「"安部公房文学室"と開拓精神」友田義行
「安部公房文学室」(あさひかわ社にあります)の紹介がメインです。稀覯本や様々な写真、特に永眠した安部の写真に衝撃を受けたと仰っています。

「安部公房の思い出」渡辺三子
安部公房のお別れ会のときの話から始まり、「安部公房文学室」創設、ニューヨーク・コロンビア大学での安部公房記念祭(シンポジウム)で締めくくられています。大江健三郎、田中邦衛、ドナルド・キーン氏らの話が興味深かったです。
タグ:あさひかわ
posted by w1allen at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

『壁ーS・カルマ氏の犯罪』の感想

私のサイトで、たまに「安部公房のAという作品に出てくるBは一体何を表しているのでしょうか?」と質問に来られる方がいます。つまり、安部公房が何を主張、或いは意図しているのか分からないと感じる人がおられるようです。

さて、詩と哲学から小説の世界に躍り出た代表作『壁ーS・カルマ氏の犯罪』は、既存の小説の形式を根底から破壊し再生させた記念碑的作品です。名刺に「名前」を奪われた主人公が、遭遇する数奇な物語をどこかしらコミカルに描いているのが素晴らしいです。いやこう書いた私も最初は「わけわからん」と思いましたよ。しかし、読みなおすごとに味わいが違うのです。

多くの作品において、目まぐるしく変わる展開とストーリーに読者が振り回され、最後は作者に置いてきぼりにされる印象があります。或いは、読者にある種の挑戦状を叩きつけた作品と見ることもできると思います。その挑戦状を受け止めることが、私の読書の楽しみです。
タグ:安部公房
posted by w1allen at 19:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

苅部直「安部公房を読む」「第一回夢の不安」

群像 2011年1月号から、苅部氏による同名の連載がされています。
第一回は、主に『笑う月』についての思い出話が展開されています。単行本の大きさ、装丁や挿絵などについて触れ、また新聞広告について言及されています。刊行当時、苅部氏は10歳だそうで、その記憶もおぼろげで、新聞広告に「笑う月」の絵が載っていたと勘違いしていたと述べられています。また、安部の各種の作品に、『笑う月』所収の短編がつながっているのではないかと思わせる内容でした。

[参考]
安部公房を読む - 苅部直 - 鬼海眞如: 金融危機来るとも知らで日本(やまと)かな Eureka Moments

タグ:abekobo novel review
posted by w1allen at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

苅部直氏による連載「安部公房を読む」(群像)

twitter経由で、群像2011年1月号から、苅部直氏による連載「安部公房を読む」が始まっていることを知りました。
"安部公房を読む 苅部直"
で、Google検索してみると関連情報が分かります。

ちなみに、私のtwitter IDはw1allenです。
http://twitter.com/w1allen
フォローしてくだされば幸いです。あまり、つぶやいていませんが^^;)

タグ:abekobo Magazine
posted by w1allen at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

あなたと安部公房とのファーストコンタクトを教えて下さい

あなたと安部公房とのファーストコンタクト(最初の接触)を教えて下さい。
私の場合は、高校生の時に読んだ夕刊に掲載された安部公房の死亡記事でした。えらい作家が死亡したのだなと思いましたが、それ以上の思いは格別ありませんでした。その作家がドえらい作家であることを知るのは、大学生になってからでした。
今から思い返すと、小説でなく新聞を通してファーストコンタクトがあったこと、そしてなおかつそれが死亡記事であったことが、『終りし道の標べに』(冬樹社版、安部公房全集019所収)の書き出し「終わった所から始めた旅に、終りはない。」を想起させます。
私は必死に安部公房の足取りを追いつづけているつもりですが、死去という終わりから始めたこの追走劇は、逆に自分のほうが安部の方から問われ、追われているのではないかという疑念さえ生じています。

あなたのファーストコンタクトはどんなものでしたか?この記事に対するコメントもしくはトラックバックをしていただければ幸いです。

[関連企画]
あなたの好きな安部公房の作品を教えてください

タグ:contact
posted by w1allen at 23:13| Comment(5) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

三浦雅士の『メランコリーの水脈』

三浦雅士の『メランコリーの水脈』を読み返しました。数年前に読んだときは正直あまり感銘を受けなかったのですが、今回は大変面白く読めました。戦後の日本文学をメランコリー(憂うつ)というキーワードで、串刺しにした意欲作です。

冒頭「メランコリーの水脈」では、安岡章太郎の『相も変らず』を取り上げて、
では何が問題なのか。自分で自分の真意がわからないということが問題なのだ。ではなぜ自分の真意がわからないのか。ー自分がいまここにこのようにしてあるというその事実がどこかしら腑に落ちないからである。真意がわからないということより自分がわからないのである。そして、このわからなさは、いうまでもなく、自分の自分に対する隔たりから発生している。すなわち、この図式もまた基本的にメランコリーに属しているといってよいのだ。


何という卓見でしょう。自我という最大の謎との対決を回避できない現代文学の状況、そしてその病理をものの見事に表しています。「何故に人間はかく在らねばならぬのか?・・・・・・」という存在論的疑問から始まる『終りし道の標べに』の冒頭ともリンクしているように思われ、共感できるものがありました。

続きは、また近日中に。

タグ:mind novel review
posted by w1allen at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

安部公房全集の借り方

初出:2005年10月17日
再掲:2010年10月28日(一部加筆修正)

みなさん、新潮社の安部公房全集をご覧になったことがありますか?
文庫本にはない小説・エッセイ・座談会などが、全集には時系列順に収められていて、安部の人生の軌跡が見事に刻まれていて、安部ファンにはたまらない全集になっています。

でも、「安部公房全集に興味はあるけど、1巻5700円と高いから買えないよ」と二の足を踏まれていませんか?そんな心配はご無用です。私の経験から言って、県立図書館レベルには大抵置いてあります。小さなまちの図書館からでも、取り寄せ可能かと思います。

また、私のホームページに「安部公房全集を楽しもう」というコーナーもあります。
posted by w1allen at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

玉井五一と針生一郎

本日、「郷土誌あさひかわ」平成22年10月号が送られてきました。渡辺三子さん、いつもありがとうございます。開けると、文芸評論家玉井五一氏の「安部公房讃」というエッセイが載っていました。

この三浦文(*1)は私にはなかなか刺激的で、たまたま誘われた針生一郎を中心とする読書会でも、針生氏は早くからの安部さんの僚友だったということもあって、私はあえてそこでのひとつのテキストとして提案し、承諾されたのだったが、充分検討されぬまま、この春、針生氏は急逝した。それはともあれ、この三浦文はさらに追尋されなければならないと私は考えている。


この記事で針生一郎の訃報を知り、検索してみますと、日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ/針生一郎インタヴュー1が目に止まりました。

安部公房とは「夜の会」を通じて出会い、安部が中心となって活動していた「現在の会」で、文学学校への就職を勧められたそうです。

また、以下のようにも述べています。
その前にさっきの安部公房のからみで言うと、野間宏、安部公房、僕というのが、『人民文学』派から、六全協後に党の統一で『新日本文学』に戻った。野間、安部とも新日本文学会員のまま『人民文学』あるいは文学学校に関わっていたんだけども。


安部公房は新日本文学に復帰してそれをひっかきまわすだけひっかきまわして、さっと記録芸術の方に逃げちゃったというある種の仕事師だというイメージが中野さん(*2)にあっただろうから。そこからきてるなと思ったことがありますね。

初期の安部公房の文学・芸術活動の一端が垣間見られて、大変興味深かったです。

引用者注
*1. 「安部公房全集030」の贋月報「安部公房の座標」のこと
*2. 中野重治のこと
posted by w1allen at 19:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

[企画]あなたの好きな安部公房の作品を教えてください

初出:2007年05月16日
再掲:2010年09月22日

あなたの好きな安部公房の作品は何ですか?
私は、短編では「鉛の卵」、長編では「第四間氷期」に人生観ががらりと変わってしまうほどの衝撃を受けてしまいました。それがホームページ「安部公房解読工房」をつくるきっかけになりました。
皆さんがどの作品から惹きこまれたのかは、とても興味があります。この機会に是非、安部公房の諸作品に対する思いを語ってみられてはいかがでしょうか?
この記事に対するコメントもしくはトラックバックをしていただければ幸いです。
タグ:安部公房
posted by w1allen at 20:55| Comment(15) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

安部はノーベル賞候補者だったのか?

安部公房がノーベル文学賞の候補者だったといううわさはよく聞きますが、ノーベル財団はコメントしていません。

しかし、死後50年経つと、公表されるようです。
ノーベル文学賞候補に 賀川豊彦、戦後2回
ノーベル財団は、ノーベル賞候補者の名前を50年間は公開しない方針をとっている。(共同)


2043年頃には、候補者であったのかどうかわかるようです。気の長い話ですが。
posted by w1allen at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

[読む]読売文学賞と安部公房

2009年1月20日(火)の読売新聞に、
"読売文学賞60回記念シンポジウム 「昭和・平成の文学」"
という記事が載っています。
このシンポジウムは、選考委員を務める井上ひさし、荻野アンナ、沼野充義の3氏をパネリストに迎え、司会は鵜飼哲夫で、行われました。
安部公房に関するのは、以下の部分。
ー当時は候補作を発表していて、大岡さんの『野火』と争ったのが野間宏『真空地帯』というから、すごい。62年度(14回)は、谷崎潤一郎『瘋癲老人日記』、川端康成『古都』と争った末に、安部公房『砂の女』に決まっています。
井上 『野火』など戦争文学が出た後、若い三島さんとか外地で青年時代を過ごした安部公房さんが登場する。日本の文学史は、絶えず社会を映しながらその意義を検証していく。その移り変わる精神地図が受賞作に表れていますね。


また、小説賞と戯曲賞の両方の受賞者は、三島由紀夫、安部公房、井上ひさしの3人のみです。安部は、それぞれ、『砂の女』と『緑色のストッキング』で受賞しています。
posted by w1allen at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

[読む]R・62型の安部工房

たまたま読んでいた筒井康隆の短編集『最後の喫煙者』の中の「喪失の日」という一編に、安部公房に対する以下のようなパロディー的表現がありました。
「藁井君。昨日頼んだR・62型の安部工房納入分の原価計算、もうできてるだろうね」


posted by w1allen at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする