2008年03月06日

[読む]R・62型の安部工房

たまたま読んでいた筒井康隆の短編集『最後の喫煙者』の中の「喪失の日」という一編に、安部公房に対する以下のようなパロディー的表現がありました。
「藁井君。昨日頼んだR・62型の安部工房納入分の原価計算、もうできてるだろうね」


posted by w1allen at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88517797

この記事へのトラックバック