2015年03月14日

万有引力引力定数が変わる?

今日は、いつもと違う哲学カフェに行ってきました。
自然科学の定数の話になったのですが、
(定数を求めることはできるが、なぜその定数になるのかは、自然科学は説明できないという流れだったと思う)
「万有引力定数は、星によって異なる」と謎の発言があったので、
私「万有引力定数は、どこに行っても変わりません」
「いや変わるよ」
私「スモールgは変わりませんが、ラージGは変わりません」
(補足すると、スモールgはF=mgの重力加速度、ラージGは、F=GmM/r^2のこと。
場所によって変わったら、「定数」とは言わないと思うのだが)

議論は、ファシリテーターによって、中断された。
しかし、カチンと来たのは、次に別の話で発言しようとした時に、
「科学の話はしないでください」とファシリテーターが言ったということ。
自由な議論の場なのだから、何故、私だけ発言を制限されなかればならないのだろう。
私には、理解できない注意だった。

自宅に帰る間、あれこれ考えて、文理の間の垣根は思っている以上に大きいのかと残念に思った。
そういう垣根を取り払うのが、哲学カフェの一つの目的だと思っていただけに、非常に残念な発言だと思った。
自然科学への無理解がここまで広がっていたとを実感し、少し寒気と寂しさのする思いで帰途についた。

キャベンディッシュが草葉の陰で泣いているよ!

初参加で、あまり私への信用がなかったかもしれない。
しかし、大抵理解が足りない側は理解不足を認識せず、永遠に思考の修正をしないために、
問題が私たちの側の力量不足になってしまう不思議さ。
でも、私は挫けないよ!
posted by w1allen at 21:13| Comment(0) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]