2014年11月02日

自分で考えるということ

自分で考えることをしない又はできない人がいる。
「AだからBだ」という主張なら分かるが、「Bだ。Bだ。何故分からない。」と言う人がいる。
そういう人に、「論拠を示してください」と言うと、そこには触れずに、私に対する中傷を言う。
どうもその人は、私よりも年上で、もう大分いい年の方のようだが、人間的には非常に未成熟と言わざるを得ない。

問題にぶち当たっときは、大概なにかがエラーを出している。
そのエラーは、今まで常識とされていたことかもしれない。
そこで、考え方を修正して、エラーに対処できるかどうかで、その後の生き方は大分変わってくると思う。

自説にこだわるだけでなく、他説も傾聴しながら、生きていかなければ、人間として死んだも同然なのだ。
posted by w1allen at 19:15| Comment(0) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]