2014年09月07日

『榎本武揚』に対する複雑な思い

昨日のTAP読書会『壁』には、Ustreamにて視聴・参加した。
次回は、『榎本武揚』だという。
正直、困った。
何故かと言うと、中座したままだからだ。
面白くない以前に、自分の苦手な古文や漢文が出てくるから、そこで嫌になってしまった。
しかし、戯曲『榎本武揚』は面白いし、また全集に載っているこの時期のエッセイ群を読むと、安部の言わんとしたいことは、分かるような気がするのだ。(問題は、その「分かるような気がする」で止まっていることだが)
勤王か佐幕の二派に分かて争った幕末の激動期に、そのどちらでもない第三の道を提示した榎本像を提示した作品として、とても興味がある。
さて、今度の読書は、古文と漢文の壁を乗り越えられるだろうか?(笑)
posted by w1allen at 17:05| Comment(1) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
榎本が北海道共和国建国に本気だったとは思いにくい、理系というか、思想に生きる人ではなかったように思う。
Posted by 藤咲博文 at 2014年12月13日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]