2014年07月26日

私のささやかな抵抗

バカな論文がある。
定義をまともに知らずに使われた用語、初歩的な論理的誤謬、我田引水…。
読んでいて、こちらが悲しくなるよ。
本来は放置したいが、腹の立つことに、「安部公房の○○」と銘打っている。
「ほんとすごいね」(棒)

安部公房がこんなこと書くはずがない。
例えば、一国を一方的になじって、何が楽しいのか?
愛国者思想をひろめるだけじゃないか!

国家や文化を多面的にかつ普遍的にかつ逆説的に論じてこそ、安部公房が遺した思想を活かす道なのにね。

【関連する記事】
posted by w1allen at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]