2007年01月22日

「安部公房という新種のシンククライムを根絶せよ」

 これは、敵国オセアニア真理省の極秘文書である。スピークライトで出力した文書であるが、作業後メモリホールに投げ損ねたものをわが国イースタシアのスパイが入手したものである。なお、そのスパイの消息は現在に至るまで不明である。
 入手した文書は、最新版のニュースピークで書かれているため、オールドスピークどころか二、三世代前までのニュースピークに精通していたわが国の翻訳職員ですら、翻訳に一週間という時間をとられてしまった。最新版のニュースピークに関する情報を入手することは、わが国の至急課題と思われる。さて、その問題の文書は以下のものである。
1984年1月22日

愛情省からイングソック党員諸君に告ぐ
「安部公房という新種のシンククライムを根絶せよ」


 旧日本国の移民者たちが、未だに日本語という少数民族言語で書かれた出版物を当省の許可なくプロレたちに販売していることは、極めて憂慮せざるを得ない状態と言わねばならない。中でも、「安部公房」という物書きが書いた出版物を購入したプロレは、出身地・居住区・性別・年齢などに関わらず、一定の割合で存在する。
 周知の通り、当省では定期的に思想犯を一斉矯正し、彼らのシンククライムの誤りを告白させているが、困ったことに各思想犯によって告白内容が全く違うということである。また、思想犯の中にまとまった結びつきはなく、互いに面識がなかった思想犯が多数を占めるという異例の事態に発展している。
 昨年に行った一斉矯正においては、「砂の女」という文書が、日本語版ばかりでなく、イースタシア版、ユーラシア版、オールドスピーク版など多数の言語に翻訳されているという全く恥ずべき事態を目の当たりにしてしまった。
 重度の思想犯になると、漢字(原注:イースタシアで使われている象形文字)の「公安部」という文字を見せただけで、「アベコウボウ」と叫んだという症例が報告されている。その者は、現在に至るまで回復せず、今なお当省処置室にて矯正中である。
 BBを敬愛してやまない君達イングソック党員がこの現状に憤りを感じるのは至極当然のことである。しかし、当省も手をこまねいていたわけではない。当省は、この度「安部公房シンククライム」を新種の高病原性シンククライムと位置付け、以下の対策を講じることを決定した。

 1.各党員は毎日プロレの街に行き、安部公房作品を取り扱っている業者及び読者と接触を試みること。接触に成功した際は、当然のことながら直ちに連行せずダブルシンクを用いて、相手のシンククライムの内容を把握すること。
 2.当該思想犯の居所とそのシンククライムの内容を当省に通報すること。ただし、作品は処分してはならない。ニュースピーク版への翻訳のために、資料として残しておく必要がある。なお、当該思想犯は当省処置室にて完全なる矯正を行う。
 3.通報者数に応じて豊富省から配給されているチョコレートが増量されるので、積極的に通報活動に励むこと。

この成果はヘイトウィークの大会にて報告される予定です。
ありがとうBB。あなたのお陰で、我々は常に勝利を収め続けています。
愛情省公安部
ウィストン・スミス

posted by w1allen at 23:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31921887

この記事へのトラックバック

安部公房の処女作
Excerpt: 久しぶりで、安部公房を読み返している。思うことを箇条書きにメモして後日の備えとしよう。1。処女作には、その作家のすべての芽があるといわれる。その通りで、終りし道の標にという作品は、その後の安部公房の作..
Weblog: 諸島の内のJaponesia(ジャポネシア)
Tracked: 2007-01-24 13:42