2012年11月03日

ペンネームは「きみふさ」もあったようです

1.本名問題
本名は定説通り「きみふさ」だと思われます。
最近出た有力な証拠が、郷土誌あさひかわH24年10月号の北川幹雄氏による『兄 安部公房からの手紙』です。
引用させていただくと
ーーー引用開始ーーー
 今回、井村さん御夫妻の御好意により、安部さんが実弟井村春光さんに宛てた手紙を、読ませていただく機会がありました。封書9通、ハガキ7通、手紙のみ3通(封書なし)、その他安部ヨリミさん宛の封書1通、ハガキ2通、フランスヘタツ、キミフサ(昭31・4/23)の電報・・・その他数点ありました。
ーーー引用終了ーーー

また、公房が春光氏を手紙の中で「春ちゃん」と書いていたのも興味深かったです。

2.ペンネーム問題
しかし、ペンネームは「こうぼう」だけでも「きみふさ」も併用していたのではないかと思われます。
まず、これまでも挙げてきましたが、『日本文学アルバム 安部公房』P.46の『チチンデラヤパナ』の原稿には「あべきみふさ」のルビがふられています。
次に、安部公房全集030の著書目録にも、「あべきみふさ」名義の著書があるのがわかります。

○結論
本名は「きみふさ」
ペンネームは、主に「こうぼう」、まれに「きみふさ」
だと考えています。
posted by w1allen at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房の本名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/300241345

この記事へのトラックバック