2010年03月02日

新文芸座で「砂の女」と「他人の顔」の上映

安部MLからの情報です。

映画「砂の女」を観たくて、レンタルビデオ店を巡ったのは、今となってはいい思い出です。モノクロの中の岸田今日子の映像が強烈でした。
今は、DVDボックスで発売されています。

3月28日から池袋の新文芸座で「映画の中の日本文学」という
特集をやりますが、4月7日は「砂の女」と「他人の顔」の
二本立てです。
当日1300円、前売1100円で二本見ることができます。

時間はまだわからないですが、ここは老人客が多いので、
夕方からの方がすいているでしょう。

http://www.shin-bungeiza.com/


posted by w1allen at 06:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 安部公房を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
DVDボックスで出ていたんですね……知りませんでした。要チェックですね。
Posted by Mスタ at 2010年03月02日 21:57
Mスタさん、こんにちは。
DVDは、「砂の女」単体版と、DVDコレクションの二種類あるのですが、安部公房の映画を見たい方には後者をお勧めします。
Posted by w1allen at 2010年03月10日 09:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142538912

この記事へのトラックバック