2006年01月31日

[太郎]対談集 岡本太郎発言!



対談集を再読して、前回の記事に修正を加えました。修正箇所は、主に本書からの引用部分です。
-------------------------------------------------------------------
岡本太郎people主宰のnobutaさんの☆21st Century Comedy: 対談集 岡本太郎発言!記事で紹介されている対談集 岡本太郎発言!が、めちゃくちゃ面白い。
対談相手は、棟方志功、土門拳などの芸術家だけでなく、野坂昭如、青島幸男、ユーミン、内田裕也など多彩な顔ぶれだ。一貫して感じられるのは、対談相手に手加減しないことだ。北大路魯山人や父岡本一平のような年長の者に対しても、池田満寿夫のような年下の者に対しても肌と肌でぶつかっていく、気迫のある発言をしている。
面白いのが、「華々しき毒舌」と題された、棟方志功、勅使河原蒼風、北大路魯山人たちとの対談(この対談の初出は、『淡交』1958年1月号)。強烈な顔ぶれで、人間がしゃべっているのか、物の怪がしゃべっているのかわからないくらい妖気に満ち溢れている。対談の最後で、勅使河原が
どうも速記者さん、ありがとう。一ぱいどうぞ。あんたが一番善人だよ、けだものばっかりだからね、みんな・・・・・・

とよくわからない終わり方をしている。
さて、この対談の中で、一番印象に残ったのは、岡本太郎が以下のように語っていたことだ。
岡本 だから北大路は岡本かの子の一番悪いところと、一平の一番悪いところにぶつかっちゃった。気の毒だ。おれはおれの両親より大人だったからとってもよくわかる。おれはどのくらいおやじとおふくろに苦労したかわからぬ。おれの方がずっと大人なんだ。
棟方 その当時いいか悪いかわからぬが・・・・・・。
岡本 君や勅使河原蒼風も、年をとって息子を作ったつもりでいるけれども、非常に子供の未熟なところが目に見えるかもしれぬが、子供というのはおやじ、おふくろの未熟なところを実に鋭く正しく見抜いている。それを気をつけろよ。おれは見抜かれるものを作っていないからいいが・・・・・・。

亡くなるまで、子供を作らず、子供のような無邪気さを持ち続けた岡本太郎が言ったこの発言の重みは、計りしれないもものがある。
とにかく、岡本太郎の発言には、強烈な破壊力と真実に迫る勢いがある。是非、本書を読まれることを強くお勧めする。
posted by w1allen at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡本太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック