2014年11月22日

物質と精神、貧しさと豊かさ

「昔は物質が豊かでなかったけれど精神は良かった。しかし、物質が豊かになった現代は精神が貧しくなった」という話がある。
最初は、本当かと反論した。
しかし、別の機会に私が話すと、思いがけず、自分がそのような主張に同意してしまっているのに驚いた。

難しい。正しくは、「物質が豊かになった現代では、物の有り難みがわかりづらく、精神的に貧しくなる危険性がある。しかし、精神的に豊かな人はたくさんいる。」という表現あたりが妥当か。
posted by w1allen at 21:56| Comment(0) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虚数って不思議ですか?

虚数に違和感を感じる人に違和感を感じます(笑)
だって、1次元の実数を2次元に拡張しただけじゃないですか?
あまり、違和感を感じません。

それよりも、無理数には、違和感というか、「無理さ」を感じます。
無理数を導入することによって、「自然な」自然数が、「人工的な」実数になってしまいます。

同じ計算規則が、自然数と実数で共通なのが、とても不思議です。

濃度も違う。
自然数が離散的であるのに対して、実数は連続的・稠密的。
全くの異種が、同じ土俵に立っているのが不思議でなりません。
posted by w1allen at 08:48| Comment(0) | 自然科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする