2012年12月30日

三木富雄 in うらわ美術館

もぐら通信読者の方から教えていただいたのですが、今、うらわ美術館(さいたま市)にで、企画展『日本・オブジェ 1920−70年代 断章』が開催されています。
http://www.city.saitama.jp/www/contents/1347932770789/index.html

草月の勅使河原蒼風作品も気になりますが、映画「他人の顔」でセットに使われた三木富雄の<耳>の作品が展示されているようです。

2013年1月20日(日)まで開催されています。ご近隣の方のリポートがあれば、幸いです。
posted by w1allen at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

【もぐら通信】第4号をお届けします

注:メール購読して頂くと、一番早くお手元に届きます。
ブログでの公開は、あえてメール配信より遅らせています。
メール購読の方法は、ブログ安部公房の広場の右上の
登録ボタンをクリックして、氏名(ニックネーム可)とメールアドレスを
登録して頂くだけです。
もちろん、無料です。


頭書の件、もぐら通信第4号をお届け致します。

お読み戴ければ、幸いです。

ご感想などお聞かせ下さると、ありがたく思います。

では、安部公房とのよいひとときをお過ごし下さい。

もぐら通信
編集部一同

*******************************************************
        
   安部公房の広場:http://abekobosplace.blogspot.jp/

*******************************************************

[ダウンロード 最新号]
もぐら通信(第4号).pdf

[ダウンロード バックナンバー]
もぐら通信(第3号).pdf
もぐら通信(第2号).pdf
もぐら通信(創刊号).pdf
posted by w1allen at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | もぐら通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

筑摩書房刊『安部公房集』の年譜

筑摩書房刊の安部公房集の年譜が面白いです。

1.斎藤茂吉の診察
twitterでこのエピソードの出典を質問したところ、親切にも『安部公房レトリック事典』(谷真介著)にあるとの回答を得ました。その後、谷氏による『安部公房評伝年譜』を読むと、上述した『安部公房集』が大元だと分かりました。不思議な事に、『安部公房全集』には収録されていないようです。(2013/01/12訂正)なお、『安部公房全集』012に収録されています。

昭和十八年(1943)
ーーー引用開始ーーー
一度、友人につれられて、松沢病院に行き、斎藤茂吉の診断をうけたおぼえがある、もっとも、その友人の方が、後で本物の気違いになったところをみると、私のほうは、案外なんでもなかったのかもしれない。
ーーー引用終了ーーー

2.カフカの「審判」を戦前に読んでいた
Re:華麗なる安部公房 - 安部公房を語ろうにも書きましたが、安部公房は、所有していたジイドの「贋金づくり」を中田耕治所有の「審判」に交換してもらって、「審判」を戦前に読んでいたそうです。

昭和十七年(1942)
ーーー引用開始ーーー
当時、カフカの「審判」なども読んだが、印象は弱い。
ーーー引用終了ーーー

以上
posted by w1allen at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もぐら通信編集部結成のお知らせ

2012年、私とHIROSHI OKADAはEiya Iwataと運命的な邂逅を果たし、安部公房ファンによる安部公房ファンのための無料ネット月刊誌「もぐら通信」を刊行することに至りました。
ブログ等よりもいち早くお手元に届く、購読登録をお勧めします。
メール購読の方法は、Abe Kobo's Place(安部公房の広場)の右上の登録ボタンをクリックして、氏名(ニックネーム可)とメールアドレスを登録して頂くだけです。もちろん、無料です。
posted by w1allen at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | もぐら通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする