2011年03月25日

Fw: 単行本『笑う月』が大きかった

単行本『笑う月』が大きかったで、単行本『笑う月』の大きさにビックリした話とhirokd267さんのレスが読めます。
ラベル:装丁
posted by w1allen at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

Re: 【アンケート】どのメディアが安部公房を語るのにふさわしい場でしょうか?【お気軽に】

二月程前に
【アンケート】どのメディアが安部公房を語るのにふさわしい場でしょうか?【お気軽に】
http://8010.teacup.com/w1allen/bbs/136
でアンケートを募集した結果を報告しますと、
mixi 2件
ニコニコ生放送 1件
以上、3件の反応がありました。

この結果についてですが、あまりの反応のなさにビックリしました。実は、安部公房については語りつくされていて、いまさらお前の出番などないのだと言わんばかりのものを感じました。いや、疎外について語ろうとしていても、自分たちまでが疎外されているには気づいていないのかもしれません。いずれにせよ、月に数回程度の投稿がないと、面白い対話は形成されないというのが私の考えです。

まず、ニコニコ生放送は、youtubeとともにライブ動画配信コンテンツとして、発展が期待されます。でも、配信する側に、かなりの腕前が必要なのではなかろうかと思います。

次にmixiですが、mixiのコミュニティって何だか使いにくUI(ユーザーインターフェース)と感じるのです。私にとっては、掲示板の方が扱いやすいUIだなと思っています。そう考える自分の方が古いのかもしれませんが。

では、失礼します。
posted by w1allen at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

「安部公房文学室」が開設されました

あさひかわの事務所に公房の資料室がオープン予定の続報です。「安部公房文学室」が開設されました。

(※開室日=毎週木曜日午前10時〜午後5時30分/尚遠方からの方はご連絡ください)とあります。
連絡先は、0166-22-2226です。おかけ間違いの無いようお願いします。

郷土誌あさひかわ代表の渡辺三子さんは、安部公房のいとこに当たる方です。安部公房の実弟井村春光氏もよく寄稿されているので、文学室には手紙などの貴重な資料にめぐり逢うことが出来るかもしれません。

私もいつの日か訪れたいと思います。きっと、素晴らしい資料が展示されていることと思います。
posted by w1allen at 21:34| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「国際安部公房ワークショップ"崇高な声が聞こえるー安部公房文学の現在ー"」の模様

以下の文章は、先日立命館大学で催された「国際安部公房ワークショップ"崇高な声が聞こえるー安部公房文学の現在ー"」の模様をishtarist氏が筆記したものをhirokd267氏がチェックしたものです。両者のご厚意によって、本blogで公開させていただくことになりました。コメントの方は、Yahoo!掲示板 - 全般 - 安部公房にして下さい。

ーーー引用開始ーーー
国際安部公房ワークショップ"崇高な声が聞こえるー安部公房文学の現在ー"
2011年3月7日(月)14:00-18:10
於立命館大学衣笠キャンパス末川記念館第三会議室
 参加者35名

司会 中川茂美(立命館大学)
挨拶 チャールズ・フォックス(立命館大学)

クリストファー・.ボルトン(ウィリアムズカレッジ) 基調講演 提言 2011/03/07 14:22:45
自著 Sublime Voices: The Fictional Science and Scientific Fiction (Cambridge: Harvard UP, 2009) 「至高の声・安部公房におけるフィクショナル・サイエンスとサイエンティフィック・フィクション」について。文学と科学の結合。ハーバードで専門は工学。ソフトウェア開発の仕事。文学研究のためにスタンフォード大学院に。サイエンスを文学の眼で、文学をサイエンスの眼で。両者の言語の使い方のちがいに興味をもつように。その意味で安部公房に関心。科学と文学のショッキングな組み合わせ。「第四間氷期」。科学と文学を隔てる境界を超えていく。
この本では小説家として、安部を扱う。アメリカでは安部公房論では長編小説はあつかわれてない。バフチンのポリフォニー論に依拠。前提が崩れるが、にもかかわらず。 「他人の顔」 仮面をつくる途中で、まったく新しい顔を。仮面をかぶるときに文体が変わる。科学と文学が衝突する。どちらの世界、どちらも不完全。そのふたつをじょうずに組み合わされないと。
「第四間氷期」 コンピュータを使って推理。論理が優先。 演繹から描写へ。ジャンル的、文体的な変化。コンピュータのしゃべりがいちばんリリカル。勝見はその変化についていけないから死ぬ。
小説の文体と構造を内在的に分析。外在的分析を避ける。その代わり、これまで他の批評家が歴史的に文学と科学がどう分離してきたかを分析。ルネサンスには、詩人と科学者は世界を描写、歌と散文。この批評の歴史の中で、崇高、という概念が 。カント。18世紀の批評家は科学を崇高なものと分類。加速による目眩がポストモダンにおける崇高。安部の文学は、目眩をおこさせる。技術による加速、崇高による興奮と不安。
ソーカル事件 science warsの安部公房からの読み直しの試み。科学と文学のアニメ

ジュリー・ブロック 2011/03/07 14:51:01
安部公房 物を彫るという特技。彫刻家としての安部公房。
化石 無限への開かれ 形式と形式の中にひろがっていく力の両面を考慮する必要がある。縁取りつつそれを捉えきることはできない。
詩人の務めは、事物の内包へと焦点をあたえるよう形式を与えること。 徹底して彫り込み、組成の奥底から、、鳥が化石という容器のなかに入り込む。
「箱男」 「他人の顔」 入れようとおもえばどんな表情も入れられるが、内的な容貌が外側に出る。
顔は不可知のものとしてあらわれる。
安部公房全集の装幀はよくあらわしている。

スティーブ・ドッド(ロンドン大学) 2011/03/07 15:25:59 梶井基次郎の研究
死と生。若く死ぬが、それをどうして美しい文体へと昇華できたか。
梶井とモダニズムとの関係を考えなおす。死と必滅。不可知の語り方。自分の死についていかに語ることができるか。
梶井基次郎の歴史観。ホワイト、文学に比べると歴史の方が科学的とおもわれているが、実際はそうじゃなく、フィクションを作ることに似ている。逆に考えてもいいんじゃないか。フィクションを読むことで歴史を読むことができるのではないか。イーグルトン、モダニズムという考え方は両義的。歴史に意味はない、じっと見ないとなにもわからない。アイリーは、過去をとろうと思っても存在しないが、とろうとする意志はある。トラウマも同じ。文学も同じじゃないか。存在していないものを生きているかのようにとろうとする。
近代日本文学はトラウマを受けた。関東大震災というトラウマ。

アンドリュー・ホルバート(スタンフォード大) 2011/03/07 15:51:25 「安部公房短編集 F0ur Stories by KOBO Abe」原書房の著者ー原本回覧
1966 来日。文化ナショナリズムの真っ最中。戦前はあまり日本人のユニークさを訴えると、属国の反感を買う。戦後になると、日本人のユニークさを追求。安部の普遍性。満州。日本語で読んでるけど外国文学ばかり読んでいる。文化ナショナリズムに取り付かれた日本に戻って閉塞感を感じており、脱出口を探している。
{内なる辺境}。ユダヤ、ディアスポラの文学。故郷がない文学。故郷にたいする嫌悪感。ユダヤ人には故郷がない。都市を代表。それをナチスは嫌悪。普遍性。科学にも国境がない。
安部公房はいろんな外国人とつきあうのが好きだった。新しいガジェットが好き。不思議の国のアリスが大好き。出口のない国に入る。右翼とゲジゲジが嫌い?

内藤由直(立命館大学) 2011/03/07 16:29:32
修士課程で安部公房研究から国民文学論争へ研究対象がシフト。固有名でくくることの疑問。安部の考えていた問題の方が時代の中でどのように共有されていたのか。またバルトのテクスト論の影響のもと、作品という範囲に限定してはいけないと考えていた。作家研究から同時代研究へ。
クリストファー・ボルトンとは逆のアプローチ。そのことで時代の中に安部公房を位置付けることができる。安部公房は当時ナショナリズムを宣揚。なぜ安部ほどの作家がナショナリズムに巻き込まれていったのか。
だが、安部公房という作家の重要性が薄れるのではないか?
研究において、作者より読者に興味がある。作者と同様に読者も時代に枠付けされた存在である。

坂堅太(京都大学大学院) 2011/03/07 16:42:17
無国籍な作家といわれているが、国家に批判的だったからといって、無国籍であったという評価には疑問。ほんとに無国籍であったのか。「内なる辺境」において、彼の亡命宣言が内的なものになったのか。マルケスら中南米文学を内的な亡命者として高く評価。彼らの中には国境がない。かといって、支配民族としての歴史性を否定できない。
満州において、大日本帝国臣民としての責任を放棄していない。自分の場所にたいする自覚。故郷にたいするアンビバレンス。満州を故郷と呼ぶ資格がない。
安部が1950年代、共産党員として、反米独立闘争に参加していた時期を研究。なんとか日本国民を生み出そうとしながら、植民地支配の時代の記憶、

鳥羽耕史(徳島大学) 2011/03/07 16:55:29
同時代性という観点からボルトンさんのテクストを読み直したときー、
科学言語は普遍的かという問題。獲得形質の遺伝、 ルイセンコの生物学の影響。サイバネティクス、ソ連とアメリカの科学の対立が「第四間氷期」にあらわれているのではないか?

友田義行(立命館大学) 2011/03/07 17:06:38
戦後の日本文学と映画との関係について研究。とりわけ安部公房と勅使河原。四本の長編映画を制作。勅使河原監督の資料調査。映画を補助線とすることで安部公房にアプローチ。
映画監督や映画評論家を相手にした論争。映画にとって大切なのはモンタージュなのかショットなのか。映像は思想を表現できるのか?安部は、映像でなにかを考えるのは不可能なのだと。映像は世界観言語観を壊していくもの。映画理論としても興味深い。文学者の映画理論を文学研究にとりいれたときに、どのように変わっていくのか。
安部公房の小説はポリフォニー(多声音楽)的、そこには映画から取り入れたものがある。ブレッソンの「抵抗」希望、「砂の女」。
表層的な物語とは別のレベルでの言語技法、語彙の体系を用いている。「他人の顔」、ケロイドをヒルの塊と呼ぶ。仮面を身につけると、コンクリート性の鎧に変わる。 他人との通路、ドア。妻を誘惑するときに仮面はアンコウ。身体が変身の体系の語彙で組み立てられている。それが勅使河原の映画と関係。よく似たイメージをモンタージュすることで、深層構造を。

ボルトン 2011/03/07 17:25:45
テクスト内在的なアプローチと歴史的アプローチとの対比。映画になって多声がなくなってつまらなくなったと言ったけど、カメラが入ると、モンタージュという形で多声が入るというのは面白い。

〈質疑〉

番場寛〈大谷大学)
小説に自分の写真を挿入したことの意味は?
友田
今後の研究の課題に


なぜ映画を撮らなくなった?
友田 緊張感がなくなった。勅使河原が、華道の家元になったので、安部公房ら友人から見放された。ポリフォニーから対話へ、対話が成り立たなくなった。

岡 いったいどのようなアニメを取り上げているのか、それと安部公房との関連性は?
ボルトン 押井守。分析手法は確立していない。AKIRA。今敏。完結していない、暗いことが共通項。

番場
クレオールの魂。チョムスキーの変形文法に入れ込んでる、幻想もあるとは思うが、故郷喪失とか亡命とかいってるけど、普遍的なものへの憧れがあるのではないか。
鳥羽
晩年になって普遍性への志向が強くなった。

ホルバート
共産主義への幻滅から彼の無国籍な輝かしい時期が始まるのに、なぜその前の50年代に注目して、足をひっぱるのかという疑問。

安易にはコスモポリタンと言えないんじゃないか。

鳥羽
「方舟さくら丸」はボルトンさんのアプローチでしか見れない。感心した。

波潟剛(九州大学)
ここ15年で違うことは全集が出たことで、安部公房について考え直す時期がきた。

田中あきふみ
一作家にとって無意識的な部分は研究対象になるのか、その分析方法は?
ボルトン
作家が意図的に入れたことはポスト構造主義批評では関係ない。安部公房は安部公房批評では一番面白い。自分が思いもよらない批評こそ面白い。
ジュリー・ブロック
中のものを外に出す。無意識のものを意識化すること?日本人安部公房に興味がある。
ボルトン
安部公房は意識について研究していた作家ですから、面白い問題になる。
ドッド
安部公房は自分の小説について書いているけど、かならずしも自分の文学について語ることを信じない方がいい。小説が世にでた時点で、作家のものではなくなっている。

立命館大学 森崎
他者との関係、他者との通路の回復が一貫してテーマになっているが、なぜ他者という問題がテーマになっているのか、どなたかお答えいただければ。
ドッド
満州。日本人であるということがどういうことかわからなかった。自分と他者との区別が面白くて曖昧なせい。
友田
特に前面に出てくるには60年代。明治維新百年。都市化によって核家族化が進んでいき、孤独に耐えられなくて、共同体をつくろうとした。過去の共同体に戻ろうとすることに反対。

共同体に取り込まれていくことの怖さを安部公房文学から感じるけど、アドバイスを。

ディストピア的な結論になるのはなぜ?
ボルトン
ディストピアを乗り越えるため。

主催:立命館大学国際言語文化研究所
協力:立命館大学国際言語文化研究所プロジェクトA3
                         dictation- by ishtarist
ーーー引用終了ーーー
ラベル:講演 安部公房
posted by w1allen at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 安部公房を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

お詫び

安部公房ワークショップの帰りに食事にお誘いした学生の方、私の案内ミスがありまして、結果的に食事を共に出来なくてすみません。
posted by w1allen at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする