2007年05月28日

[読む]埴谷雄高全集1"安部公房のこと"

 講談社の埴谷雄高全集 1を手にしてみると、埴谷雄高は、安部公房の初期の作家人生に多大な影響を与えた人だと改めて思わされる。
 同全集1に"安部公房のこと"というエッセイがあり、『終りし道の標べに』(原題:『粘土塀』)を阿部六郎経由で受け取り、雑誌に掲載するまでの奮闘振りが以下のように述べられている。
そのころの「近代文学」の編輯は合議制であつたが、その制度には好い点と同時に欠点があつて、どこか一個所でもひつかかつた作品は、どちらかと云えば、落ちてしまうのである。そして、安部君の『終りし道の標べに』のような問題をはらみながらもなお未完成な作品は、どこかでひつかかる危険性があつた。そのことを考え、さらにまた、私はまだ見知らぬ作者の経済状態を勝手に想像して、この作品を「個性」へもちこんだが、そこでも難産に逢着して、私は青山庄兵衛君を、君のところは新しい文学を支援する編輯方針だといいながらなんたる弱気だ、と幾度もおどかしたり煽動したりしなければならなかつた。

 その後、安部と初めて会ったときの強烈な印象なども述べられている。その他にも、"安部公房『壁』"や"石川淳の顔"など、興味深い文章が多数あるので、皆さんも埴谷雄高全集1を手にされることをお勧めする。
 なお、『終りし道の標べに』は、「第一のノート」に相当する部分が1948年2月号『個性』(思索社)に載り、1948年10月10日に真善美社から刊行されている(安部公房全集1所収)。その後、大幅に改稿されたものが、1965年12月10日に冬樹社から刊行されている(安部公房全集19所収)。
[参考文献]
安部公房全集1 [作品ノート1]

posted by w1allen at 20:54| Comment(3) | TrackBack(1) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする