2007年03月23日

[知る]別巻待ちですが、本名は、やはり「あべきみふさ」だと思っています。

以前、"安部公房の本名"という記事名で、以下の文章を書きました。

2003年1月末に安部MLにおいて、加藤弘一氏から安部公房の本名について新説があるということを教えていただきました。
 従来の定説は、本名は「あべきみふさ」というもので、私もこれに従っていました。新潮日本文学アルバム「安部公房」の谷真介による略年譜にもそう書かれています。
 しかし、新説では、本名(戸籍上という意味で)も「あべこうぼう」となっています。(成人まで両親から「きみふさ」と呼ばれていたそうです。)これには、確かな裏付けがあるようです。詳しくは、加藤弘一氏の「ほら貝:作家事典」を参照して下さい。


 あれから4年が経ちました。棚上げしたままも気持ちが悪いので、現時点での私見を述べます。親類の方や研究者の方からの話をまとめると、やはり本名は旧来通り「あべきみふさ」だろうと思っています。ただし、安部公房の戸籍謄本などを直接調べておらず、また戸籍に関する法令等に詳しくないので、加藤氏の新説を完全に否定する程の自信はありません。安部公房全集別巻にて、この問題に対する回答が得られるのではないかと期待しています。
posted by w1allen at 09:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 安部公房の本名問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする