2006年11月29日

[読む]『第四間氷期』と『1984年』を結ぶ糸

初出 2006-11-29
改訂 2016-03-01 1点人名に誤記があったので訂正しました

 最近、『第四間氷期』のことを考えるとジョージ=オーウェルの『1984年』が想起され、『1984年』のことを考えると『第四間氷期』のことが想起されるという困った状態に陥っている。もちろん、『第四間氷期』にBBに相当する人物は描かれないし、『1984年』に予言機械に相当する機械は登場しない。しかし、両作品に何かしらの共通性があるのではないかと思えて仕方ないのだ。それは、以下のような物語の糸が見えるからなのかもしれない。
 まず、縦糸は異端審問だ。物語の中盤で、勝見博士もウィンストン=スミスも囚われの身になり、異端審問を受けることになる。その執拗さは特筆に価するものがある。主人公の思想を、ゆっくり丁寧に、しかし容赦なく否定していく。海底開発協会やイングソック党内部の持つ思想を絶対視して、その思想に疑念を抱く主人公を対話の中で徹底的にうちのめしていく。「何のためにこんなことをする」という主人公の叫びや疑念には、切迫したものを感じる。
 そして、横糸は歴史に対する情報操作だ。二次予言値を使って勝見を否定するが、あれはトリックで海底開発協会に都合のいい二次予言値を使ったに過ぎない。勝見が真実を世間に公表する未来は、世界がパニックに陥るという理由で、二次予言値として見なされない。そして、勝見に関する三次予言値もしくは最大値予言には全く触れられないまま、暗殺者によって殺される予定であるらしい。一方、オセアニアでは、正しい歴史をつくるために常に文書は改ざんされていく。ウィンストン=スミスの担当していた仕事がまさしくそれであり、変更指示に忠実に従い、捏造の証拠を残さず、タイムズを書き換えていく。正しい未来と正しい過去と対比していいのかも知れない。しかし、それぞれ、「海底開発協会にとって都合のいい」、「オセアニア政府にとって都合のいい」という修飾語がつくはずだ。
 異端審問と情報操作以外にも、まだ両者をつなぎ合わせる糸屑は残っている。頼木の裏切りとオブライエンの裏切りには似たようなものはないだろうか?風の音楽にあこがれを抱く水棲人と一パイントのビールに興味を持つウィンストン=スミスは、どこか似ていないだろうか?それでも、両者の結び付けを否定する方は、モスクワ2号の予言をもう一度思い出して欲しい。それが以下のようなものであったことを・・・・・・。
「モスクワ2号の予言、お聞きになりましたか?なんでも三十二年以内に、最初の共産主義社会が実現し、一九八四年頃に最後の資本主義社会が没落するだろうっていうんですが、先生、いかがでしょう・・・・・・?」



posted by w1allen at 19:19| Comment(6) | TrackBack(1) | 安部公房を読みこむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする